28日(金)の天気 北海道から北陸 短時間に積雪増加のおそれ 寒中らしい寒さ

メイン画像

きょう28日(金)は、日本海側は雪か雨の降る所が多いでしょう。北海道と東北、新潟県では局地的に雪の降り方が強まり、短い時間で積雪が増加する所も。一方、太平洋側は広く晴れて、空気の乾燥した状態が続く見込み。

北海道から北陸 局地的な大雪のおそれ

画像A

きょう28日(金)は、日本付近は冬型の気圧配置が続く見込みです。
北海道と東北は、日本海側を中心に雪が降るでしょう。局地的に雪の降り方が強まり、短い時間に積雪の増えるおそれがあります。大雪による雪崩に注意してください。
北陸から山陰は雪か雨が降るでしょう。新潟県では断続的に雪が降り、カミナリを伴って降り方の強まる所がありそうです。
関東から九州は、広く晴れる見込みです。空気の乾燥した状態が続きますので、火の元にご注意ください。
沖縄は雲に覆われ、所々でにわか雨があるでしょう。

厳しい寒さの所も

最高気温はきのう27日(木)より低く、厳しい寒さとなる所がありそうです。
北海道と東北は1℃前後の所が多いでしょう。日陰の道路や橋の上などは、昼間でも路面が凍結しやすいため、お出かけの際は足元にお気をつけください。
北陸は4℃から5℃くらいにとどまるでしょう。平年を下回り、寒さが厳しくなりそうです。
関東から九州は10℃前後の所が多いでしょう。寒中らしい寒さとなる所が多くなりますので、体調を崩さないように気をつけてください。沖縄は22℃くらいの見込みです。

ジャンルで探す