北陸 27日(土)は平地でも初雪か 山間部は本格的な降雪も

メイン画像

明日27日(土)は、上空に強い寒気が流れ込み、平地でも雪が降る所があるでしょう。また、山間部では本格的な降雪となる所がありそうです。この週末は車の運転には十分な注意が必要です。

北陸地方の上空に平地で雪の目安となる寒気が南下 初雪か

画像A

これから明日27日(土)にかけて、冬型の気圧配置が強まり、北陸の上空1500メートル付近で氷点下6度以下の寒気が流れ込む見込みです。この寒気は、平地で雪となる目安の寒気となっています。北陸地方では平地でも所々で雪が降り、各気象台から初雪の便りが届く可能性があります。現段階では平地での積雪の可能性は低くなっていますが、大気の状態が不安定になるため、局地的にアラレが降り、道路が白くなる所があるでしょう。車の運転には十分に注意して下さい。

山間部では本格的な雪、備えを万全に

画像B

画像C

画像D

山間部では本格的な降雪となるおそれがあります。今回の冬型は、等圧線が縦に並び、北西からの風が強く吹きます。日本海からの季節風が山にぶつかって上昇し、山間部で雲が発達するいわゆる「山雪型」となりそうです。
新潟県の中越・上越の山間部や富山県東部山間部、石川県の白山の周辺、福井県の奥越や嶺南の山地で雲が発達しやすく、峠道などを中心に本格的な降雪となりそうです。
きょう(26日)18時から明日27日(土)朝6時までの降雪量は、いずれも多い所で新潟県で20センチ、富山県で10センチなどとなっています。
明日27日(土)朝6時から18時までの降雪量は、いずれも多い所で新潟県で20センチ、石川県で10センチなどとなっています。
車でのお出かけにはタイヤチェーンやスコップがあると良さそうです。また、万が一の事故や坂道での立ち往生に備えて、けん引用ロープや軍手・毛布や厚手の上着、カイロなどを用意しておくと良さそうです。

月曜日の朝は放射冷却 路面凍結に注意

画像E

28日(日)は、後半ほど天気が回復してきますが、翌29日(月)の朝にかけて、放射冷却で気温が下がり、平地でも内陸部を中心に0度を下回る所がありそうです。橋梁部などを中心に路面が凍結するおそれがありますので、週明けの通勤・通学の際は時間に余裕を持ってお出かけして下さい。

今年はラニーニャ現象で大雪のリスクも

今年はラニーニャ現象が発生しています。ラニーニャ現象が発生している年は日本付近に寒気が流れ込みやすく、特にJPCZの動向次第で局地的な大雪となるリスクがあります。雪への備えは万全に行った方が良いでしょう。

ジャンルで探す