ロシア ウクライナに軍事侵攻

22日(月)全国的に荒天 大雨のおそれ 北日本中心に暴風や高波にも警戒

メイン画像

22日(月)は、発達した雨雲が東へ進むため、太平洋側を中心に「激しい雨」が降り、大雨のおそれがあります。風も強まり、北日本を中心に、24日(水)にかけて暴風や高波にも警戒が必要です。

雨の強まる時間帯は?

画像A

22日(月)は、前線が西日本から北日本を通過するでしょう。この前線が通過するタイミングで、太平洋側を中心に発達した雨雲がかかり、大雨になるおそれがあります。
雨の強まる時間帯ですが、九州は朝まで、中国、四国は午前中が中心でしょう。近畿から東北は昼頃からで、北海道は夕方以降、局地的に1時間に30ミリ以上の「激しい雨」が降りそうです。
「激しい雨」とは、バケツをひっくり返したように降る雨で、傘をさしていてもぬれてしまい、道路が川のようになることもあります。さらに風も強いので、帰宅時間帯は、関東から北で「横殴りの雨」になるでしょう。傘があおられてしまうこともありますので、雨に濡れて体を冷やさないよう、レインコートや撥水・防水加工の上着が良さそうです。
23日(火)午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、北海道で150ミリ、関東甲信・東海で120ミリ、東北で100ミリとなっています。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒が必要です。
また、大気の状態が非常に不安定になるため、局地的に雷雲も発達するでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも、ご注意ください。

北日本を中心に 24日(水)にかけて 暴風・高波に警戒

画像B

強まるのは、雨だけではありません。24日(水)にかけては、北日本を中心に風も強まり、波が高くなるでしょう。
24日(水)の予想天気図をみますと、北海道の北には発達した低気圧が予想されています。さらに、北日本を中心に等圧線の間隔が狭くなっていますが、等圧線の間隔が狭くなればなるほど、風が強いことを表しているのです。
予想される最大瞬間風速は、23日(火)にかけて、北海道で35メートル、東北で30メートル、24日(水)は東北で25~30メートルです。
また、予想される波の高さは、23日(火)にかけて、北海道・東北・北陸で6メートル、24日(水)は東北・北陸で6~8メートルとなっています。
大雨だけでなく、暴風や高波にも十分お気をつけください。

ジャンルで探す