日本海を中心に雷雲 関東~北海道 2日(火)にかけて急な激しい雨・雷雨に注意

メイン画像

1日(月)、日本海を中心に雷雲が発生しています。関東から北海道は2日(火)にかけて、急な激しい雨や雷雨に注意が必要です。

関東~北海道 大気の状態が非常に不安定

画像A

1日(月)、日本海を中心に雷雲が発生しています。2日(火)にかけて、関東や北陸、東北は、寒気を伴った気圧の谷の影響で、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。関東は2日(火)昼前にかけて、急に雷を伴って、激しい雨が降る所がある見込みです。北陸や東北は2日(火)にかけて、局地的に雷が鳴り、強い雨が降るでしょう。
2日(火)朝、低気圧が秋田沖で発生し、夜にかけて北海道に近づく見込みです。低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、北海道の日本海側南部と太平洋側西部では、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。2日(火)朝から夕方にかけて、雷雨や激しい雨の所がある見込みです。低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水に十分注意してください。低気圧の動きによっては、警報級の大雨になる恐れがあります。北海道では、2日(火)に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、日本海側南部と太平洋側西部30ミリです。1日(月)18時から2日(火)18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、日本海側南部と太平洋側西部100ミリです。
雷雲の周辺では、竜巻などの激しい突風が発生したり、雹(ひょう)が降ったりすることもあります。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、安全な建物の中などに移動してください。
雷は、大気中で大量の正負の電荷分離が起こり、放電する現象です。放電する際に発生する音が雷鳴で、光が電光です。雲と地上の間で発生する放電を対地放電、つまり落雷といい、雲の中や雲と雲の間などで発生する放電を雲放電といいます。

雷が近づいたら 家の中でやるべきこと

画像B

雷雲が近づいた場合、家の中にいても、身を守るためにやっていただきたいことが2つあります。
1つめは、窓から離れて、家の中央に避難することです。雷が鳴る時には、突風が吹くこともあり、突風によって窓ガラスが割れる恐れがあります。雷が鳴っているかどうか、外の様子が気になるかもしれませんが、窓やカーテンはしっかり閉めて、窓から離れましょう。特に、大きなガラス窓の下や周囲は、大変危険ですので、絶対に近づかないでください。
2つめは、雷が近づいたら、家電製品のコンセントを抜くことです。雷が落ちると、パソコンなどが故障する場合がありますが、それを防ぐのは簡単です。コンセントを抜くだけで、雷から家電製品を防護できます。
雷の音が聞こえなくなっても、20分くらいは、むやみに外に出ないでください。

ジャンルで探す