あす17日は今季一番の寒気流入 北海道は平地も初雪か 西日本の暑さも収まる

メイン画像

あす17日は上空にこの秋以降で一番強い寒気が流れ込み、北海道では平地でも雨に雪がまじって初雪となる可能性があります。全国的にも気温が平年を下回り、西日本の暑さも落ち着く見込みです。

北海道 平地は初雪 山沿いは積雪

画像A

あす17日は北海道の上空およそ1500メートル付近にマイナス6度以下の平地でも雪を降らせる目安の強い寒気が流れ込む見込みです。
北海道は平地でも雨に雪がまじって「初雪」となる可能性があります。各地、平年より少し早い初雪となりそうです。
初雪の平年日は以下の通り。
・札幌市:11月1日
・旭川市:10月19日
・稚内市:10月19日
北海道の山沿いや峠道は積雪になるくらいの雪が予想されます。雪に慣れている地域でも、シーズン初の積雪の際は事故が増えるといわれています。お車で峠越えをする方は冬タイヤやチェーンを準備して、いつも以上に慎重な運転を心がけてください。

全国的に気温ダウン 西日本も北風ビュー

東北から九州、沖縄も雨の降る所が多く、気温はきょう16日より下がる予想です。
特に北陸はきょうより10度以上下がる所があり、一日で季節が2か月以上進みそうです。
真夏日の続いた九州もあすは20度を少し超えるくらいの所が多くなるでしょう。雨がやんで天気が回復する日中は北風が強めに吹きそうです。

あさって18日以降は更に気温ダウン

画像C

あさって18日以降も各地あまり気温は上がらず、20日頃には次の寒気がやってきそうです。
関東から九州でも来週の後半は、最高気温が20度に届かない日が多くなりそうです。北風が強まる日も多くなるので、服装選びや体調管理にお気をつけください。
北海道は山沿いを中心に雪の降る日も多くなるので、お車の運転はいっそう注意が必要です。

ジャンルで探す