新型コロナ 最新の感染状況や対応は

「台風14号」温帯低気圧に変わって列島を通過 金曜~土曜は広く荒天や大雨の恐れ

メイン画像

台風14号は17日(金)に温帯低気圧に変わり、西日本から東日本を通過する予想。17日(金)から18日(土)は広く雨や風が強まるでしょう。

台風14号 温帯低気圧に変わっても油断せず

画像A

台風14号は16日(木)は東シナ海をゆっくり北上し、次第に進路を北東へ変える見込みです。17日(金)朝には対馬海峡へ進み、温帯低気圧に変わり、やや発達するでしょう。その後、台風から変わる低気圧は17日(金)の夜にかけて西日本を東へ進み、18日(土)の夜にかけて西日本から東日本を通過して三陸沖へ進む予想です。
温帯低気圧に変わりますが、油断はできません。熱帯由来の暖かく湿った空気が流れ込み、広く大気の状態が非常に不安定になるでしょう。所々で雨雲や雷雲が発達しそうです。また、温帯低気圧に変わることで、風の強いエリアが広がる恐れもあります。

暴風や強風に警戒

画像B

17日(金)は、九州北部地方や中国地方の海上を中心に非常に強い風が吹き、うねりを伴ってしける所があるでしょう。予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州北部地方で25メートル(35メートル)、中国地方で23メートル(35メートル)です。暴風やうねりを伴った高波に警戒・注意してください。
18日(土)は九州から北海道の広い範囲で強い風が吹き、海上では非常に強い風が吹いてしける所があるでしょう。強風やうねりを伴った高波に注意が必要です。

広く大雨の恐れ

画像C

16日(木)の夜から17日(金)にかけては九州から近畿を中心に、18日(土)は九州から北海道の広い範囲で雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨の降る所があり、大雨となる恐れがあります。
17日(金)午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で四国地方で150ミリ、九州南部で120ミリ、九州北部地方で100ミリです。
18日(土)午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で四国地方、近畿地方、東海地方で200から300ミリ、九州北部地方、中国地方で100から200ミリ、九州南部で100から150ミリです。
その後、18日(土)の夜にかけて近畿から北海道を中心に雨が降り、雨量が多くなる恐れがあります。
土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。落雷や竜巻などの激しい突風、交通機関への影響にも注意が必要です。
最新の台風情報、気象情報を確認し、自治体から出される避難情報にもご注意ください。

ジャンルで探す