台風14号 しばらく停滞 本州も今週後半の動きに注意

メイン画像

台風14号は、16日(木)にかけて東シナ海で勢力を弱めながら、ほとんど停滞。17日(金)はスピードを上げて東寄りに進み、本州でも荒れた天気になる恐れがあります。

16日(木)にかけ東シナ海でほとんど停滞 西日本は秋雨前線で雨が続く

13日(月)午後3時、強い台風14号は東シナ海を30km/hの速度で北上しています。中心気圧は970hPa、中心付近の最大瞬間風速は55m/sです。今後は次第に速度を落として、16日(木)ごろまで東シナ海にほとんど停滞する見込みです。
日本列島は、16日(木)ごろまで台風14号の直接の影響はなさそうですが、停滞する秋雨前線の影響で、西日本は九州や四国を中心に断続的に雨が降り、雨量が多くなる見込みです。土砂災害や川の増水など注意が必要です。

17日(金)から18日(土) 台風が温帯低気圧に変わりながら接近か

16日(木)ごろから進路を次第に東寄りに変える見込みです。17日(金)から18日(土)は速度を上げて、温帯低気圧へと変化しながら日本列島に近づく恐れがあり、本州でも急に天気が荒れる可能性があります。今後の情報には十分ご注意ください。

最新情報 どこを見たら 何が分かる?

画像C

最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。
①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。
②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。
③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。

ジャンルで探す