北海道 局地的に雨雲や雷雲 あすにかけて急な雷雨や激しい雨の恐れ

メイン画像

きょう11日(土)、北海道では、局地的に雨雲や雷雲が発生しています。雷雲の周辺では、竜巻などの突風が発生することもあります。あす12日(日)にかけて、雷を伴った激しい雨が降る所があるでしょう。

北海道 大気の状態が非常に不安定 局地的に雨雲や雷雲が発生

きょう11日(土)、北海道では大気の状態が非常に不安定になっており、局地的に雨雲や雷雲が発生しています。オホーツク海側では、夜のはじめ頃にかけて大雨の恐れがあります。土砂災害などに十分注意してください。雷雲の周辺では、竜巻などの激しい突風や落雷、雹(ひょう)にも注意が必要です。
雷は、大気中で大量の正負の電荷分離が起こり、放電する現象です。放電する際に発生する音が雷鳴で、光が電光です。雲と地上の間で発生する放電を対地放電、つまり落雷といい、雲の中や雲と雲の間などで発生する放電を雲放電といいます。

きょう11日(土)夜遅く~あす12日(日) 局地的に雷雨や激しい雨

あす12日(日)にかけて、前線を伴った低気圧が、北海道付近を通過するでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、北海道では大気の非常に不安定な状態が続く見込みです。12日(日)にかけて、局地的に雷が鳴り、激しい雨が降るでしょう。12日(日)夕方にかけて、大雨の恐れもあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。

ジャンルで探す