関西 あす17日は再び大雨災害に注意

メイン画像

近畿地方は、きょう16日の午前中は雨が小康状態となっていますが、あす17日は所々で激しい雨が降り、再び大雨の恐れがあります。引き続き、土砂災害などの大雨災害に十分注意をしてください。

あす17日 西日本には活発な雨雲の帯 近畿も大雨に

画像A

あす17日は、活動の活発な前線が西日本付近を北上する見込みです。あす午前9時の雨予想では、活発な雨雲が九州から中国地方、そして近畿地方にも流れ込む見通しになっています。このため、近畿地方でも、所々で1時間に30ミリ以上のバケツの水をひっくり返したような激しい雨が降るでしょう。あす17日6時から18日6時にかけて予想される雨の量は、近畿地方の北部と中部の多い所で150ミリ、南部の多い所では200ミリと、再び大雨となる恐れがあります。

避難は空振りでも良い 判断は早めに!

画像B

近畿地方では、すでに降り始めから雨の量が500ミリを超えている所があり、今後は少しの雨でも土砂災害などの災害危険度が高くなる恐れがあります。
このため、避難の空振りは恐れず、避難の決断はいつもより早めにするように心掛けてください。また、避難をされる際は、近隣の高齢者の方に声をかけるなど、地域住民どうしでの助け合いも心がけてください。

ジャンルで探す