「記録的豪雨」土曜も線状降水帯による非常に激しい雨が続く恐れ 警戒いつまで

メイン画像

きょう14日(土)も前線の活動が活発な状態が続いています。西日本から北日本の広い範囲で非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。すでに記録的な大雨となっており、さらなる災害に厳重な警戒が必要です。

記録的豪雨

活動が活発な前線の影響で、記録的豪雨となっています。
13日(金)には広島県ではこれまで経験したことのないような大雨になっているとして、一時「大雨特別警報」が発表されました。広島県を流れる江の川上流では氾濫が発生するなど、大きな災害が発生しています。
きょう14日(土)は、長崎県、佐賀県、福岡県でこれまで経験したことのないような大雨になっているとして、大雨特別警報を発表し、午前6時15分現在も継続しています。何らかの災害がすでに発生している可能性が高く、警戒レベル5に相当します。
72時間雨量が長崎県雲仙岳で800ミリを超えるなど、九州北部を中心に所々で観測史上1位の値を更新しています。

非常に激しい雨が降り続く恐れ

きょう14日(土)も前線が西日本から東日本に停滞するでしょう。南から暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発な状態が続く見込みです。
西日本から北日本の広い範囲で非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。特に、西日本を中心に、線状降水帯による非常に激しい雨が降りやすい状態となっています。
15日(日)午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、東海地方で300ミリ、九州北部地方、九州南部、四国地方、近畿地方、関東甲信地方で250ミリ、中国地方で200ミリ、北陸地方で180ミリ、東北地方で100ミリです。
その後、16日(月)午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、九州北部地方、九州南部、近畿地方で100から200ミリ、四国地方、東海地方、関東甲信地方で100から150ミリ、中国地方、北陸地方、東北地方で50から100ミリです。
西日本では、すでに記録的な大雨となり、土砂災害や浸水害の危険度が非常に高くなっている所や氾濫が発生した河川があります。東日本や北日本でも災害リスクが高まるでしょう。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。

警戒いつまで?

画像C

目先、16日(月)頃までが大雨のピークです。九州から東北にかけて、発達した雨雲が次々と流れ込んでくるでしょう。広く豪雨災害発生のリスクが高く、厳重な警戒が必要です。
その後、18日(水)頃まで、前線は本州付近に停滞するでしょう。九州から東北の広い範囲で雨量がさらに増える予想で、警戒が必要です。今のところ19日(木)頃になると、ようやく前線の活動が弱まる予想です。
この予想は14日(土)の午前中の資料をもとに作成しています。前線の位置や活動状況によって大雨の期間が変わる可能性があります。今後も最新の気象情報にご注意ください。

ジャンルで探す