10日 元台風9号の影響 広範囲で暴風 交通機関に影響も

メイン画像

きょう10日(火)は、台風9号から変わった温帯低気圧が、東北付近を通過。北海道や東北、北陸、関東甲信を中心に暴風に。交通機関に影響も。外出の際は余裕を持った行動を。

元台風9号が東北を通過

画像A

きょう10日(火)は、台風9号から変わった温帯低気圧が、東北付近を通過するでしょう。強い風の吹く範囲が広範囲にわたり、北海道や東北、北陸、関東甲信を中心に非常に強い風の吹く所もあるでしょう。
10日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道地方で25メートル(35メートル)、東北地方、北陸地方で23メートル(35メートル)、関東甲信地方で20メートル(35メートル)です。
瞬間風速が30メートル以上の風は、何かにつかまっていないと立っていられなかったり、車は通常の速度で運転するのが困難になったりするほどの暴風です。倒木や看板の落下や飛来などが発生することもあります。暴風で交通機関に影響がでることもありますので、外出の際は交通機関の情報を確認し、余裕を持って行動するようにしてください。

局地的に非常に激しい雨 大雨にも警戒を

画像B

さらに、雨の降り方も強まり、北海道や東北、北陸など午前中を中心に非常に強い雨や雷雨で大雨となる所がありそうです。
あす11日(水)午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、北海道地方で200ミリ、北陸地方で180ミリ、東北地方150ミリです。土砂災害や河川の増水、氾濫、低い土地の浸水などに警戒をしてください。

低気圧から離れた地域も暴風に 関東は気温急上昇

画像C

関東から九州にかけては晴れ間がでるものの、低気圧から離れた地域でも風の強まる所があるでしょう。また南からの暖かい空気が入り、関東の内陸部を中心に気温が急上昇します。埼玉県熊谷市など内陸部では最高気温は40度くらいまで上がる予想です。東京都心も今年初めての猛暑日になりそうです。今年これまでで一番の暑さになる所もありますので、これまで以上に熱中症にも厳重に警戒をしてください。

ジャンルで探す