台風9号 今夜九州に上陸へ あす9日にかけて西日本で暴風雨

メイン画像

台風9号は九州に接近し、今夜(8日)にも上陸する見込み。あす(9日)は西日本を中心に大雨や暴風に警戒を。温帯低気圧に変わっても広範囲で大雨に。

台風9号の進路

画像A

台風9号は、きょう(8日)午後3時現在、鹿児島県薩摩川内市の南西約310キロにあって、1時間に約30キロの速さで北東に進んでいます。中心気圧は990hPa、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルです。沖縄本島地方や奄美地方、九州の一部が風速15メートル以上の強風域に入っています。
今夜にも九州に上陸し、予報円の中心を通れば、あす(9日)午前3時には山口県防府市付近へ進む予想です。その後、日本海に進み、温帯低気圧に変わるでしょう。低気圧に変わったあと、さらに発達する見込みで、影響を受ける範囲が広がりそうです。

西日本を中心に暴風や大雨

画像B

台風9号の影響を最も受けるのが、九州から近畿です。あす(9日)昼頃にかけて台風本体の発達した雨雲がかかり、雷を伴った非常に激しい雨が降るでしょう。わずか1日で、8月の平年1か月分程度に相当する大雨になるおそれもあります。何かにつかまらないと立っていられないくらいの非常に強い風が吹くでしょう。
予想降水量は、あす(9日)の午後6時までの24時間で四国で300ミリ、九州北部、近畿、東海で250ミリ、九州南部と中国地方で200ミリ、関東甲信で120ミリ、北陸で100ミリ。
あす(9日)かけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北陸で25メートル(35メートル)、近畿で23メートル(35メートル)、九州南部・奄美、九州北部、中国地方、四国、東北、北海道は20メートル(30メートル)、東海と関東甲信で18メートル(30メートル)となっています。
波の高さは、あす(9日)にかけては九州南部・奄美、四国、近畿、東海、関東甲信で6メートル、九州北部と中国地方、北陸、東北、北海道は5メートルの予想です。
暴風や高波、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒して下さい。また台風の接近と大潮の時期が重なりますので、高潮に厳重な警戒が必要です。

連休明けも 荒れた天気

画像C

台風9号は、あす(9日)午後には温帯低気圧に変わる見込みです。その後、さらに発達するため、雨の降る範囲や強い風の吹く範囲が広がります。
あさって(10日)にかけては、台風9号から変わった低気圧が日本海を北上する予想で、北陸から北海道など、東日本や北日本でも大雨になる所があるでしょう。風も強く、大荒れの天気になるため、交通機関に影響が出るおそれもあります。最新の情報をご確認下さい。

ジャンルで探す