新型コロナ 最新の感染状況や対応は

台風6号は今後「非常に強い」勢力へ 暴風・大雨の影響が長引くおそれ

メイン画像

台風6号は、あさって23日までには「非常に強い」勢力に発達する予想です。動きがゆっくりのため、暴風や大雨など影響が長引くおそれがあり、警戒・注意が必要です。

沖縄本島地方に最接近 暴風 海上は大しけ

強い台風6号は、きょう(21日)午後2時現在、宮古島の東南東、約210キロにあって、ゆっくりとした速さで西に進んでいます。現在、沖縄本島地方に最も接近しています。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速55メートルです。
沖縄では、非常に強い風が吹き、海上では大しけとなっています。きょう午後3時現在、暴風警報が沖縄県の本島中南部と宮古島地方に発表されています。また、波浪警報が、本島中南部、本島北部、久米島、宮古島地方、石垣島地方、与那国島地方に発表されています。鹿児島県の奄美地方にも、波浪警報が発表されています。

暴風・高波に厳重に警戒

沖縄県の宮古島地方や石垣島地方、与那国島地方では、暴風や高波に厳重に警戒が必要です。
台風6号は、今後発達しながら沖縄本島地方の南の海上を西寄りに進む予想です。そのため、現在、暴風警報が出されていない石垣島地方でも今夜から、与那国島地方もあす(22日)朝以降、警報級の暴風となる可能性が「高く」なっています。
予想される最大風速は以下の通りです。(括弧内は最大瞬間風速)
きょう(21日)
先島諸島で35メートル(50メートル)、
沖縄本島地方で20メートル(30メートル)、
大東島地方で18メートル(25メートル)。
あす(22日)
先島諸島で40メートル(60メートル)、
沖縄本島地方で20メートル(30メートル)、
大東島地方で15メートル(25メートル)。
あさって(23日)
先島諸島で40~50メートル(55~70メートル)、
沖縄本島地方で20~24メートル(25~35メートル)。

画像C

23日(金)には「非常に強い」勢力へ

台風6号は、今後発達して、あさって(23日)午前9時までには「非常に強い」勢力となる見通しです。台風が発達するためには、海面水温が高いことが条件となりますが、沖縄周辺の海域の水温は、29度以上と高くなっています。
そのころには宮古島地方や八重山地方に最も接近していると予想されます。猛烈な風が吹いて、一部の住家が倒壊するおそれがあります。暴風や高波に厳重に警戒が必要です。

動きが遅く 影響長引く

台風6号は、あさって(23日)ごろまでは動きがゆっくりの予想です。台風の動きが遅いと、暴風、高波、大雨など影響が長引きます。先島諸島や沖縄本島地方では、総雨量が多くなる可能性があるため、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒・注意が必要です。
あす(22日)午後3時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で
先島諸島で180ミリ、
沖縄本島地方で120ミリ。
その後、あさって(23日)午後3時までの24時間は
先島諸島で200~300ミリ、
沖縄本島地方で100~150ミリ。
さらにその後、土曜日(24日)午後3時までの24時間は
先島諸島で300~400ミリ、
沖縄本島地方で100~150ミリとなっています。
台風の進路等によっては、警報級の大雨となるおそれもありますので、最新の気象情報を確認するようにしてください。

ジャンルで探す