新型コロナ 最新の感染状況や対応は

中国地方 8日早朝に再び線状降水帯発生の恐れ 土砂災害に厳重警戒

メイン画像

7日は活発な梅雨前線の影響で山陰を中心に記録的な大雨になりました。これから再び活発な雨雲がかかり、8日早朝は災害を引き起こすほどの非常に激しい雨のおそれ。すでに7日の大雨で地盤が緩んでいる箇所も。急傾斜地での土砂災害に厳重警戒を。

7日朝方は鳥取県と島根県で顕著な大雨に関する気象情報

中国地方は山陰を中心に記録的な大雨になっています。7日明け方から朝にかけては島根県と鳥取県で線状降水帯が発生し、顕著な大雨に関する気象情報が発表されました。鳥取県倉吉市では降り始めからの雨量が300ミリに達し、7月平年一か月(191.5ミリ)の1.7倍相当の雨がおよそ半日で降りました。倉吉市で観測した日降水量325.0ミリ(21時現在)は1976年の観測開始以来最も多くなりました。この梅雨前線による雨の影響で22時現在鳥取県や島根県、岡山県、兵庫県に一部に土砂災害警戒情報が発表されている状況です。これから8日早朝にかけて滝のような非常に激しい雨が同じ場所で数時間にわたり降り続く恐れがあります。8日18時までに予想される24時間雨量は多い所で山陰の島根県で200ミリ、鳥取県で150ミリ、山陽でも広島県で120ミリ、岡山県で100ミリです。さらに雨は10日(土)にかけて続き、災害を引き起こすほどの大雨になる恐れがあります。

自然災害は待ってくれません 直ちに安全の確保を!

画像B

・既に深夜ですので、これからの避難は危険が伴います。無理な避難は避けて下さい。頑丈な建物の2階以上、より高い所で身を留めて下さい。
・近辺に急な崖や山などがある場合には、崖や山から離れた部屋に移動し、土砂災害から難を逃れて下さい。
・お住いの地域の状況や発表されている情報をすぐに確認できるようスマートフォンやタブレット端末を手の届く所において随時更新される自治体からの情報をアップデートしてください。
・大規模な土砂災害や川の氾濫は雨が止んでから時間をおいて発生することがあります。警戒の手を緩めないでください。

ジャンルで探す