新型コロナ 最新の感染状況や対応は

九州 7月上旬にかけて「梅雨最盛期」 雨の降り方に警戒

メイン画像

きょう28日、九州南部は夕方まで激しい雨が降る所があるでしょう。7月上旬は梅雨前線は九州に停滞しやすくなり、「梅雨最盛期」になる見込みです。大雨が降りやすくなりますので、雨の降り方に警戒して下さい。

九州南部 夕方まで激しい雨のおそれ

画像A

きょう28日、九州南岸付近に停滞する梅雨前線の影響で、九州南部を中心に雨が降っています。
きょう夕方まで、九州南部は雷を伴い局地的に1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあります。種子島・屋久島地方は昼過ぎまで一時滝のような非常に激しい雨が降る所もあるでしょう。
九州北部も湿った空気の影響で、大気の状態がやや不安定で午後はにわか雨や雷雨になる所があるでしょう。急な雨や落雷などにご注意下さい。

九州 梅雨最盛期へ

画像B

あす29日から30日(水)は、梅雨前線は奄美付近まで南下するため、九州はいったん梅雨の晴れ間がでる見込みです。
しかし、7月に入ると太平洋高気圧の強まりとともに梅雨前線が押し上げられて、九州付近に停滞しやすくなり、九州は「梅雨最盛期」となります。
7月1日以降は雨が降りやすく、2日(金)から3日(土)は高温多湿な空気が流れ込むため、梅雨前線の活動が活発になり大雨になるおそれもあります。雨の降り方に注意・警戒が必要です。
5日(月)は、梅雨前線がさらに九州の北へ北上するでしょう。

梅雨前線は九州の北へ 蒸し暑さ増す

画像C

6日(火)以降も、梅雨前線は九州の北に停滞することが多くなり、九州付近は暖湿空気が流れ込みやすいでしょう。大気の状態が不安定で、局地的に雨量が多くなる所がある見込みです。
また、湿度も高くなり、かなり蒸し暑くなるでしょう。
7月上旬、九州は梅雨最盛期から梅雨末期の気圧配置になります。梅雨前線のわずかな南北の動きで、大雨の範囲や雨の降り方が変わり、九州はいつどこで大雨が降ってもおかしくない気象状況になります。
7月はしばらく雨の降り方に警戒して下さい。

ジャンルで探す