新型コロナ 最新の感染状況や対応は

週間天気 7月に入ると九州~東北は「本格的な梅雨シーズン」 大雨への備えを

メイン画像

この先も梅雨前線の動きに注目。7月になると、太平洋高気圧の張り出しが強くなるため、梅雨前線は本州付近まで北上する見込み。九州~東北も本格的な梅雨シーズンへ突入。ハザードマップを確認するなど、大雨への備えは早めに。

あす28日(月) 九州南部や奄美で非常に激しい雨も

画像A

あす28日(月)は、梅雨前線が九州の南から関東の東にかけて延びる見込みです。
沖縄は断続的に雨で、雷が鳴る所もあるでしょう。
九州南部や奄美では、朝から次々に活発な雨雲が流れ込み、局地的に雷を伴って非常に激しい雨や激しい雨が降りそうです。大雨になる恐れがありますので、土砂災害に警戒してください。
九州北部や中国、四国から関東、北陸は雲が広がりやすく、午後は、あちらこちらで雨が降るでしょう。特に、前線に近い四国や東海では、雷を伴った激しい雨が降る所もありそうです。
東北や北海道は晴れ間がありますが、気圧の谷の影響で雨雲のかかる所もあるでしょう。
最高気温は、沖縄や九州から東北南部の太平洋側は平年並みか低い所が多くなりそうです。東北南部の日本海側や東北北部、北海道は平年より高い所が多く、北海道では真夏並みになる所もあるでしょう。熱中症対策をしっかりとなさってください。

あさって29日(火)と30日(水) 梅雨前線は南西諸島付近

画像B

あさって29日(火)と30日(水)は、梅雨前線は南西諸島付近に停滞して、本州付近は上空に冷たい空気が流れ込む見込みです。
沖縄は雨で、活発な雨雲がかかりやすいでしょう。梅雨末期の雨になりますので、雨の降り方に注意が必要です。
九州から北海道は、日差しがでる所もありますが、変わりやすい天気です。この時期は日差しがでると地上付近の気温はグンと上がりますが、上空に冷たい空気が流れ込んでくると、地上と上空との気温の差が大きくなります。このため、大気の状態が不安定になって、積乱雲が発達しやすくなります。急な雨に備えて、お出かけの際は晴雨兼用の傘があると便利です。
最高気温は平年並みか平年より低い所があるでしょう。ただ、湿度が高いため、ムシムシ、ジメジメと感じられそうです。体調管理だけでなく、食品の管理にもご注意ください。

7月スタート 梅雨前線は本州付近に北上 沖縄はようやく梅雨明けか?

7月1日(木)からは太平洋高気圧の張り出しが強くなるため、梅雨前線が本州付近に北上してくる見込みです。また、梅雨前線上には低気圧が次々に発生して、東へ進むでしょう。
九州から東北では、3日(土)にかけて雨が降ったりやんだりするでしょう。特に、前線や低気圧に近い太平洋側では、雨の降る量が多くなることも予想されます。最新の気象情報をご確認ください。また、大雨になる前に、ハザードマップを見るなど、避難場所や避難経路も確認しておきましょう。
その先、tenki.jpの2週間天気によると、沖縄では晴れる日が多くなってきそうです。沖縄の梅雨明けは平年ですと6月21頃です。すでに1週間近く遅れていますが、梅雨明けは間近になりそうです。

画像D

ジャンルで探す