感染再拡大の地域も 新型コロナ最新情報

中国地方 梅雨前線の活動が活発に あす21日明け方にかけて大雨に警戒を

メイン画像

中国地方は、きょう20日は梅雨前線の活動が活発になり、発達した雨雲や雷雲が次々に中国地方に流れ込む見込みです。あす21日の明け方(朝6時)にかけて、西部を中心にバケツをひっくり返したような激しい雨が降るでしょう。大雨になるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意が必要です。

今夜(20日夜)には梅雨前線が中国地方へ北上

画像A

西日本の南岸付近にのびる前線が、今夜(20日夜)には対馬海峡まで北上し、前線の上を低気圧が発達しながら東北東へ進む見込みです。低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気の流れ込みが強まり、大気の状態が不安定になるでしょう。

あす(21日)明け方にかけて局地的に激しい雨 大雨に警戒を

画像B

中国地方は、あす(21日)明け方にかけて局地的に雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。
あす(21日)にかけて予想される1時間降水量は多い所で「30ミリ」で、
バケツをひっくり返したような雨が降る見込みです。
また、あす(21日)朝6時までに予想される24時間降水量は多い所で、
山陽、山陰で「100ミリ」、山口県で「120ミリ」の見込みです。

土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に注意が必要です。
増水した河川に近づいて様子を見たり、崖などの危険な場所に近づいたりしないようにしてください。
また、雨がやんだあとも、しばらくは地盤が緩んでいるため、土砂災害に注意が必要です。

画像C

ジャンルで探す