四国・近畿・東海・北陸でも局地的に「激しい雨」 土砂災害などに注意・警戒

メイン画像

17日月曜は九州で大雨になっていますが、四国や近畿、東海、北陸も油断はできません。雨雲が発達して「バケツをひっくり返したような雨」の降る所があるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに、注意・警戒してください。

あちらこちらで「激しい雨」

画像A

17日月曜は、梅雨前線の活動が活発になっています。
そのため、九州では、すでに大雨になっていますが、四国や近畿、東海、北陸でも雨が強まり、「激しい雨」の降る所があるでしょう。「激しい雨」とは、バケツをひっくり返したような雨で、道路が川のようになるレベルです。
雨の強まる時間帯は、四国や近畿は夕方まで、東海は夜のはじめ頃まで、北陸は昼前まででしょう。雨雲だけでなく、雷雲も発達するおそれもあります。また、これまで降った雨によって、すでに地盤が緩んでいたり、川が増水している可能性もあります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に注意・警戒するとともに、落雷や突風、急な強い雨に、十分お気を付けください。

局地的な大雨 街中での危険個所は?

画像B

ゲリラ豪雨(局地的な大雨)が街中で発生すると、アスファルトなどによって水はけが悪いために、思わぬ所に水が溜まる恐れがあります。そこで、避難の際は、次の3つのことに注意が必要です。
① 雨宿りをする際は、建物の地下室や、地下街などではなく、建物の1階以上の場所を選びましょう。橋の下も、川が増水する恐れがありますので、絶対に避けてください。
②浸水した道路を歩く時は、とても危険です。水の流れに足をとられてしまう恐れがあるだけでなく、足元が見えないので、側溝やマンホールに落ちてしまう可能性もあります。やむを得ず、水の中を歩く場合は、棒などで足元を確認しながら進みましょう。
③アンダーパスなど低い所を通る道路では、車が水につかると、水圧によって、ドアが開かなくなることもあります。運転の際は、なるべく低い所を通る道路を避けるよう、心がけてください。

ジャンルで探す