新型コロナ 最新の感染状況や対応は

九州 例年より早い大雨シーズン到来 早めの備えを

メイン画像

九州は、週末から来週にかけて梅雨前線の影響を受けやすく、大雨になる日があるで見込みです。例年よりかなり早い大雨シーズンの到来になりますので、大雨への備えを早めに確認しておきましょう。

晴れ間を有効に

きょう13日、梅雨前線は奄美付近まで南下し、九州は雲が多いながら晴れ間がのぞくでしょう。
あす14日も梅雨前線は奄美付近にほとんど停滞する見込みです。九州南部は雲が多いですが、九州北部は晴れる所が多く、最高気温が30度近くまで上がる所があり暑くなるでしょう。熱中症に十分ご注意下さい。
きょう13日からあす14日にかけての晴れ間は大変貴重なものになります。有効にご利用下さい。

週末から再び、梅雨前線近づく 大雨に警戒

画像B

週末から来週にかけて、九州は再び梅雨前線の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多くなる見込みです。
15日(土)は前線が九州付近へ延び、16日(日)は前線がさらに九州の北へ北上し、前線上には低気圧が発生する見込みです。九州北部を中心に高温多湿な空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になり、局地的に大雨になるおそれがあります。17日(月)は、梅雨前線が九州付近へ南下するでしょう。
九州は、16日(日)を中心に大雨になるおそれがあり、雨の降り方に注意が必要です。また、高温多湿な空気が流れ込み、一気に蒸し暑くなるでしょう。
また、来週の20日(木)前後も九州付近で前線の活動が活発になり、大雨になる可能性があります。
来週にかけて、九州は梅雨最盛期のような気圧配置が続きます。例年になく早い大雨シーズンの到来となりますので、大雨への備えを早めに確認しておく必要があります。

大雨への備えを

画像C

いざという時のために、大雨に対して備えをしておきましょう。
家の周囲の側溝や雨どいなど掃除をして水はけをよくしたり、ハザードマップで家の周囲の危険箇所を知っておきましょう。
避難が必要になったときの行動を、あらかじめ家族や近所の方と話し合っておくよいでしょう。
そして、災害に備えて非常用品や防災用品の準備も必要です。

ジャンルで探す