新型コロナ 10都府県に緊急事態宣言

週間 寒暖差が大きく 週末から週明けは荒天も

メイン画像

この先一週間は、度々低気圧や前線の影響を受けるでしょう。九州から関東は、風や雨が強まり、荒れた天気になる日もありそうです。気温も上がったり下がったりで、寒暖差が大きいでしょう。

あすの天気

画像A

あす25日(木)は上空に強い寒気が居座り、北海道や東北では雪の降り方が強まって、大雪となる所がありそうです。大雪や雪崩に注意が必要です。また25日(木)の朝には九州の西へ前線が延びるでしょう。関東から九州は午前中を中心に晴れますが、次第に西から天気が下り坂です。中国地方や四国、九州は夜遅くなると雨が降り出す見込みです。沖縄も夕方から雨が降るでしょう。最高気温は北海道や東北は真冬並み、関東から東海は平年並みでしょう。近畿、中国、四国、九州は平年より高く、特に九州は20度前後になりそうです。

あさって以降の天気

画像B

あさって26日(金)は九州付近に前線が延びて、九州から近畿の広い範囲で雨が降りそうです。東海や関東もすっきりしないでしょう。28日(日)頃にかけて、九州から関東は雨や風が強まり、荒れた天気になる所がありそうです。3月1日(月)から2日(火)も再び低気圧や前線の影響を受けて、天気が崩れるでしょう。その後、次第に冬型の気圧配置になり、北海道と東北、北陸の広い範囲で雪が降りそうです。山陰でも雪の降る所があるでしょう。気温も上がったり下がったりです。都心でも最高気温が10度に届かない日もあれば、28日(日)から3月2日(火)頃にかけては気温が再び高くなり、15度以上になることもありそうです。季節が春から冬、冬から春へと行ったり来たりします。寒暖差が大きい一週間になりますので、体調を崩さないようにお気をつけください。

ジャンルで探す