福岡・佐賀・長崎 大雨特別警報は警報に切り替え

滝のような雨 東海は一日でひと月分の大雨も 関東は横なぐりの雨

メイン画像

30日夜~1日は東海で滝のような雨の降る所があり、平年7月ひと月分の雨がたった一日程度で降ってしまう所も。関東も1日朝の通勤時は激しい雨や横なぐりの雨となるでしょう。

滝のように降る雨に注意

画像A

本州付近に延びる前線の活動が活発になっています。30日の夜も、九州南部から近畿の太平洋側に発達した雨雲がかかるでしょう。局地的には滝のようにコーゴーと、非常に激しい雨の降るおそれがあります。また、沿岸部を中心に風が非常に強く、交通機関への影響にも注意が必要です。東海や関東甲信は30日夜から1日昼頃にかけてが雨のピークとなるでしょう。激しい雨や横なぐりの雨となって、朝の通勤時にずぶ濡れになってしまいそうです。傘の骨が折れてしまうかもしれませんので、レインコートやタオル、着替えをお持ちになるとよいでしょう。

静岡県は記録的な大雨の恐れ

画像B

今回は、同じような場所で、激しい雨が長く降り続くことが考えられます。特に太平洋側の南側に開いた斜面を中心に雨量が多く予想されており、静岡県では、1日18時までの24時間に予想される降水量が多い所で400ミリと、記録的な大雨となる恐れがあります。平年7月ひと月分の雨が、たった一日程度で降ってしまう所もあるでしょう。災害につながる雨となることも考えられますので、最新の情報を確認しつつ、早め早めの行動を心がけてください。

ジャンルで探す