福岡・佐賀・長崎 大雨特別警報は警報に切り替え

吹き荒れる南風 兵庫県や和歌山県には暴風警報も

メイン画像

きょう30日は、雨だけでなく、南風も強まっており、昼過ぎには関西国際空港で最大瞬間風速27.3m/sを観測。兵庫県や和歌山県には暴風警報の発表されている所があります。

南風も強い

きょう30日は、太平洋側を中心に発達した雨雲がかかり、激しい雨の降っている所があります。また、雨だけでなく、南風も強まっています。午前中は高知県の室戸岬で最大瞬間風速32.4m/sを観測しました。また、昼過ぎには関西国際空港で27.3m/s、神戸空港でも24.7m/sを観測。沿岸部では傘をさすのは危険なくらいの風が吹いており、午後4時現在、兵庫県や和歌山県には暴風警報の発表されている所があります。

今夜遅くにかけて暴風に警戒

九州から近畿は今夜遅くにかけても風が強く、兵庫県や和歌山県では立っていられないくらいの暴風の吹き荒れる所もあるでしょう。すでに列車の遅延など、交通機関に影響が出ている所もありますので、最新の情報をご確認ください。東海や関東甲信、北陸や東北ではあす1日にかけても風の強い状態が続き、横なぐりの雨となる所もありそうです。

ジャンルで探す