東海・長野県南部 この梅雨で一番の大雨のおそれ

メイン画像

東海地方や長野県南部には発達した雨雲が南から次々と流れ込んでおり、激しい雨の降っている所があります。また、今は雨が弱まっている所でも再び雨脚が強まり、傘が役に立たないような土砂降りの雨になる時間帯もありそうです。

雨のピークは30日の夜~1日の午前中

画像A

暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、梅雨前線の活動が活発になっています。この影響で、東海地方と長野県南部(木曽・伊那地域)では、1日にかけて断続的に雨が降り、今年の梅雨で一番の大雨となるおそれがあるでしょう。
大雨に対して特に警戒が必要な時間帯は、愛知県・岐阜県・三重県・長野県南部で1日の明け方まで、静岡県では1日の昼前までの見込みです。特に、愛知県東部や静岡県では、一時的に滝のような非常に激しい雨の降る所もあるでしょう。土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水などに十分注意・警戒してください。

ジャンルで探す