九州 季節外れの大雨のおそれ 南風強まる

メイン画像

26日(木)の九州は、東シナ海に延びてきた前線の影響で、広い範囲で雨が降っています。26日夜から27日(金)は、雷を伴い局地的に激しい雨が降り、季節はずれの大雨になるおそれがあります。また、海上や沿岸を中心に南よりの風が強まり、海上は波が高くなりますので船舶はご注意下さい。

局地的に激しい雨のおそれ

画像A

前線は、あす27日(金)にかけて東シナ海から日本海へ延び、前線上に低気圧が発生する見込みです。
26日(木)夜から27日(金)にかけて、九州は前線に向かって、高温多湿な空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。九州付近は発達した雨雲が発生して、雷を伴い局地的に1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。
27日にかけて予想される雨量は、九州北部の多い所で200ミリの見込みです。
また、低気圧や前線に向かって、沿岸海上を中心に南よりの風が強まり、海上は波が高くなりますので、船舶は注意が必要です。

28日(土)にかけて断続的に雨

28日(土)は前線が九州の南海上から九州南岸付近へ下がる見込みです。28日も雨が降ったりやんだりで、九州南部を中心に雨量が多くなるでしょう。
九州は、28日(土)にかけて天気がぐずつき、この時期としては雨量が多くなります。土砂災害や河川の増水、低い浸水などにご注意下さい。また、発達した積乱雲の下では落雷や突風、雨の降り方に注意が必要です。

ジャンルで探す