九州 台風10号あす最接近 厳重に警戒を

メイン画像

大型の台風10号が、九州の南東の海上を北上中。今後、九州の太平洋側に近い海上を北上し、あすは西日本を縦断する見込みです。台風10号は、九州南部にはあす明け方にかけて最も接近、九州北部にはあす日中に最も接近するでしょう。大雨や暴風、高波、高潮に厳重な警戒が必要です。

あす15日 九州大荒れ

大型の台風10号が、九州の南東の海上を北上しています。今後、九州の太平洋側に近い海上を北上し、あすは西日本を縦断する見込みです。台風10号は、九州南部にはあす明け方にかけて最も接近し、九州北部にはあす日中に最も接近するでしょう。きょうは九州南部が次第に暴風域に入り、あすには九州北部の広い範囲が暴風域に入る見込みです。予想最大瞬間風速は40メートルと、外にある看板が落下したり、車の運転が困難になるほどの暴風となるおそれがあります。また、海上は最大9メートルの猛烈なしけとなるでしょう。暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒してください。

大雨に厳重警戒

画像B

九州はあす15日にかけて台風本体の雨雲がかかるため、広い範囲で非常に激しい雨が降るでしょう。特に、九州の太平洋側の宮崎県や大分県を中心に、1時間80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあります。予想雨量はあす正午までの24時間に多い所で、宮崎県・大分県500ミリ、鹿児島県300ミリ、熊本県250ミリ、福岡県150ミリ、佐賀県・長崎県100ミリです。その後も雨量はさらに増えて、宮崎県や大分県を中心に総雨量が600~700ミリに達するおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。

高潮に警戒

画像C

大潮の時期にあたるため、平常時の潮位が高くなっています。台風の接近時に満潮時刻が重なると高潮のおそれがあります。あす15日の満潮時刻は宮崎港(午前5時32分、午後6時47分)、大分港(午前7時52分、午後9時10分)、佐賀県大浦港(午前8時50分、午後9時41分)です。海岸や河口付近は高潮に対する警戒が必要です。

ジャンルで探す