北海道 あすまでに台風への備えを

メイン画像

北海道は、16日(金)から17日(土)にかけて、台風10号から変わる低気圧の影響で、大荒れの天気となる恐れがあります。あす15日(木)までに台風への備えをして下さい。

早めの対策を

大型の台風10号は、あす15日(木)西日本に接近、上陸したあと速度を速めながら北上し、16日(金)から17日(土)にかけて北海道に接近する見込みです。
きょう14日(水)は、広く晴れ間が出て、お墓参りなど外出にもまずまずの日和となりますが、あす15日(木)は、昼頃から雨の降りだす所があり、道南を中心に風も強まるでしょう。16日(金)は、道南から暴風雨の範囲が広がり、17日(土)にかけて大荒れの天気となる恐れがあります。
あす15日(木)までに庭やベランダにある風で飛びそうなものは室内へ入れるなど台風への対策をして下さい。また暴風による倒木で停電が発生する恐れもあるため、停電への備えや、避難経路などの確認も早めに済ませるようにして下さい。
なお、台風の接近前からすでに波の影響は出ています。北海道から遠く離れていても、太平洋側の海域では台風からのうねりで、沿岸では急に波が高くなることがあります。全国的に海での事故も多くなっていますので、海でのレジャーを考えている方は、予定を見直すなど安全に過ごすようにして下さい。

ジャンルで探す