関東・東海 断続的に雨雲が通過中

メイン画像

14日、関東や東海には台風周辺の湿った空気が流れ込み、雨が降ったりやんだりしています。局地的に雨脚が強まり、埼玉県には大雨と洪水の警報が発表されている地域もあります。15日にかけて、急な強い雨に注意してください。

中心から離れていても、台風の影響が

14日午前10時現在、台風10号は種子島の南東を北よりに進んでいます。台風の強風域が九州や四国にかかっており、西日本では次第に雨や風が強まる見込みです。一方、台風の中心から離れている関東や東海。こちらでは晴れ間も見られますが、あちらこちらに雨雲がかかり、急な雨に注意が必要です。台風周辺の非常に湿った空気が次々と流れ込んでいるためです。局地的に雨雲が発達し、埼玉県熊谷市では9時前後には1時間当たり29.5mmの土砂降りになりました。雨雲は移動しているため、平野部では同じ地点で長く降り続くことはない見込みですが、南から次々と雨雲が流れ込んでくるでしょう。15日にかけて、日が差していても急にザっと降ることがありますので、お出かけの際は雨具をご用意ください。

ジャンルで探す