週間 日ごとの寒暖差大 服装選びは慎重に

メイン画像

この先も、天気が短い周期で変化。それに伴い、気温がグンと上がったり、急にヒンヤリしたりで、体に負担がかかりそう。

あすの天気

画像A

あす2日(土)も広い範囲で晴れて、春のうららかな陽気でしょう。ただ、西からはゆっくりと前線が延びてきます。夜は九州で雨具が必要になりそうです。
【各地の天気(西から)】
沖縄はおおむね晴れるでしょう。九州も日差しがたっぷりですが、夕方から雲が増えて、夜は雨が降るでしょう。中国と四国、近畿、東海、関東にかけては広く晴れて、雨具を持たずにお出かけできます。北陸と東北の日本海側は、朝までは弱い雨や雪の所がありますが、昼頃から晴れ間が広がるでしょう。東北の太平洋側はおおむね晴れそうです。北海道は、雲の間からときおり日が差すでしょう。北部を中心に雪の降る所はありますが、降るのは短い時間で、降り方も弱い見込みです。
【気温】
最低気温は全国的に今朝と同じくらいで、この時期としては暖かい朝でしょう。
最高気温も、全国的に平年より高い見込みです。
沖縄は25度前後、九州から関東は15度前後まで上がるでしょう。北陸や東北は10度前後で、北海道は2度から5度くらいの所が多い予想です。

あさって以降の天気

春らしく、天気は短い周期で変わります。あさって3日(日)は、低気圧が西日本から東日本を通過するでしょう。九州から関東にかけて、各地で雨となりそうです。太平洋側では雨脚の強まる所があるでしょう。沿岸部は風も強まって、横なぐりの雨になりそうです。4日(月)は、九州から関東の雨は次第にやみ、雲の間から日が差しますが、東北や北海道の所々で雨や雪が降るでしょう。その先、7日(木)も、低気圧が通過するため広い範囲で傘が必要になりそうです。雨と風がともに強まり、荒れた天気になる所もあるでしょう。
天気の変化に伴って、気温のアップダウンも大きくなります。広く雨が降る3日(日)と7日(木)は、気温が平年並みかやや低くなり、空気がヒンヤリと感じられそうです。上着や、ストールなどの小物を使って調節しましょう。

ジャンルで探す