19日 関東 帰宅時は本降りの雨で強風も

メイン画像

関東の早い所は昼過ぎから雨で夕方には全域に雨雲が広がるでしょう。本降りの所もあり、沿岸部は風も強まりそうです。

雨は次第に本降りに 日差し少なく空気はヒンヤリ

今日(19日:火曜)の関東の特徴は「夕方以降は広く雨で本降りの所も 沿岸部は強風に注意」です。
【関東の天気(19日:火曜)】
きょう(19日:火曜)、午後のお出かけの際には雨具が必要です。前線を伴った低気圧が本州の南岸を進み、夜には関東へと近づくでしょう。神奈川県、千葉県、群馬県は昼過ぎから雨が降り出し、夕方以降は関東の全域に雨雲が広がる見込みです。仕事帰りの夜は、本降りの雨となっている所もあるでしょう。また、沿岸の地域では南風が次第に強まるため、傘が差しづらくなりそうです。雨は日付の替わる頃にかけて続いて、今夜から最大となる「スーパームーン」を見るにはあいにくの天気でしょう。少しの雨でも路面が滑りやすくなるため、足元や車の運転にはご注意下さい。
【関東の最高気温(19日:火曜)】
今朝は氷点下まで気温の下がっている所が北部の山沿いに限られ、平野部はきのう(18日:月曜)の朝よりも冷え込みが緩んでいます。とはいえ、朝の通勤や通学の時間帯の気温は10度に届かない所がほとんどで震える寒さでしょう。暖かい服装でお出かけください。日中の最高気温は、千葉県では南風の影響で15度くらいまで上がる所がありますが、そのほかは10度から11度くらいでしょう。春らしい陽気となったきのう(18日:月曜)に比べると、気温が5度ほど低くなる所もある見込みです。日差しが少なく雨も降るため、空気がヒンヤリと感じられるでしょう。春は日々の気温の変化が大きく体に堪えます。体調を崩さないようにご注意下さい。

ジャンルで探す