関東 青空あるが雲が多い 雨か雪の所も

メイン画像

きょう(13日)は、関東地方は南部を中心に雲が多く、朝晩は千葉・茨城など沿岸部で雨や雪の所がありそうです。

関東 日中は青空 朝晩雲多く雨や雪の所も

きょう(13日:水曜)の関東の特徴は「関東 青空あるが雲が多い 雨か雪の所も」です。
【関東の天気(13日:水曜)】
きょう(13日:水曜)の関東地方は、冬型の気圧配置ですが、伊豆諸島付近には低気圧が発生しています。
この影響で、けさは東京湾から千葉県の内房の所々に弱い雨雲や雪雲があります。
きょうは南部では、日中晴れ間がありますが、朝晩は雲が広がりやすいでしょう。千葉県や茨城県では雨や雪の降る所がある見込みです。雨や雪の降る量は少ない見込みですが、冷たい雨や湿った雪になりそうです。千葉県では、あすの未明(午前3時ごろ)まで雪や雨の降る所があるでしょう。北部でも朝晩は雲が広がりやすい天気ですが、雨や雪は降らないでしょう。日中は晴れる所が多い見込みです。
沿岸の海域では、東京湾や相模湾内では穏やかで、波の高さは50センチくらいですが、茨城県沖から千葉県外房にかけて波の高さが2メートルになる予想です。小型の船舶の方はご注意ください。

【関東の最高気温(13日:水曜)】
けさ(13日:水曜)は、北部の内陸を中心に氷点下の冷え込みの所が多くなっています。午前5時の気温は、都心で3度5分、横浜4度2分、千葉3度0分、さいたま1度9分、前橋0度5分、宇都宮マイナス1度6分、水戸マイナス1度0分でした。朝日が昇る時間に向けて、もう少し下がる所がありそうです。都心では北北西の風が2メートルですが、瞬間的に4~5メートル吹いていて、空気がより冷たく感じます。
暦の上では「春」を迎えているとはいえ、朝晩の冷え込みが続くのが、この時期の特徴です。通勤や通学の際は、寒さを防ぐ服装でお出かけください。
日中の最高気温は、10度くらいの所が多い予想です。きのう(12日)と同じくらいで平年並みです。
なお、群馬県みなかみでは0度の予想。真冬日(※)になるかもしれません。
※:真冬日とは、最高気温が0度未満の日のことです。気温にマイナス記号がつくというのが条件で、「ぴったり0度」は含まれません。

ジャンルで探す