週間 再び大荒れか…週後半は厳しい寒さ

メイン画像

日本海側の除雪のタイミングはあす22日となりそうです。低気圧が北日本を通過した後の週の中頃からは、再び強い冬型となる見込みです。晴れの天気の多い太平洋側でも厳しい寒さとなるでしょう。インフルエンザなどの流行拡大に注意が必要です。

あすの天気 西から冬型緩む

画像A

西から冬型の気圧配置は緩むでしょう。九州から関東は、広く日差しが届きそうです。ただ、午前中は山沿いを中心に、雨や雪で雷を伴う所があるでしょう。なお、北陸から東北、北海道の日本海側の雪や雨は、次第に弱まる見込みです。最高気温は、九州から関東は12度前後の所が多い見込みです。東北と北海道は5度に届かない所が多く、厳しい寒さが続きそうです。

あさって以降の天気 週の中頃に再び冬の嵐

画像B

23日(水)から24日(木)は、日本海から北日本付近を低気圧が通過する見込みです。この低気圧の通過後は冬型が強まり、24日頃は北海道や東北の日本海側を中心に冬の嵐の再来となるおそれがあります。除雪作業は比較的雪の落ち着く、22日がおすすめです。一方、九州から関東は太平洋側を中心に晴れの天気が多い見込みです。

週後半 関東以西も厳しい寒さに

24日頃に再び冬型の気圧配置となるタイミングで上空に強い寒気が流れ込み、厳しい寒さとなる所が多いでしょう。東京や名古屋、大阪でも、日中は10度に届かない見込みです。乾いた空気と寒さで、インフルエンザや風邪の流行拡大が懸念されます。手洗いの徹底やマスクの着用で予防を心掛けましょう。

ジャンルで探す