15日 関東 雲多く 雨の降る所も

メイン画像

きょうは沿岸部で雨の降る所がありそうです。日中は日差しが少なく、きのうよりも寒く感じられるでしょう。

雨はどこで??いつから??

きょう(15日:火曜)の関東の特徴は「雲多く、雨の降る所も」です。
【関東の天気(15日:火曜)】
きょう(15日:火曜)は高気圧が日本の東へ移動し、湿った空気が流れ込むでしょう。また、日本海を北東へ進む低気圧から延びる前線が夕方から夜遅くに関東地方を通過する見込みです。関東地方は日差しが出ても朝までで、昼前からは各地で雲が多くなるでしょう。神奈川県では昼過ぎからにわか雨の所がある見込みです。夕方以降は前線の通過に伴い、茨城県や千葉県も沿岸部の所々で雨が降るでしょう。局地的に雨脚が強まる見込みです。なお、東京、神奈川、千葉、茨城など沿岸の地域は次第に南寄りの風が強まるためご注意下さい。
【関東の最高気温(15日:火曜)】
けさもきのう(14日:成人の日)の朝と同じくらい冷えて、午前5時現在の気温は内陸部や北部を中心に氷点下です。東京都心も1度を下回っています。通勤の際も空気は冷たく、震える寒さでしょう。万全な防寒でお出かけください。日中の最高気温は10度前後の所が多く、ほぼ平年並みです。日差しが少ないため、きのうよりも寒く感じられるでしょう。

ジャンルで探す