週間 また南岸低…連休初日はコート不要?

メイン画像

この先は南岸低気圧の通過とともに、暖かい空気が流れ込みます。厳しい寒さとなった先週末とは一転、三連休初めは師走らしくない暖かさとなりそうです。

あすの天気 冬型は西から緩む

画像A

あす19日(水)は、冬型の気圧配置は西から緩んでくるでしょう。沖縄や九州から関東は日中は広く晴れる見込みです。最高気温は沖縄は23度くらい、九州から関東は15度前後で、日差しが暖かく感じられそうです。北陸は時雨れ、東北・北海道の日本海側も雪や雨でふぶく所があるでしょう。落雷にも注意が必要です。東北・北海道の太平洋側も、夜を中心に雪雲のかかる所があるでしょう。車の運転などは、路面の状況の変化にお気を付けください。

あさって以降の天気 暖気巻き込む南岸低気圧

画像B

画像C

20日(木)は、本州付近に低気圧が西から近づき、その後は本州南岸付近を東に進む見込みです。このため、20日から21日(金)頃にかけて、九州から関東の太平洋側を中心に西から天気が崩れるでしょう。一方、この低気圧が南から暖かい空気を引き込むため、21日と三連休初日の22日(土)は九州から東北では気温が上がりそうです。22日の最高気温は、九州から関東では16度前後、東北南部も12度くらいとなる予想です。日中は冬物のコートでは少し暑いくらいの所もあるでしょう。週単位で気温の変化が大きくなりますので、体調管理にはくれぐれもお気を付けください。

ジャンルで探す