国内

関東 お盆休みの天気 ザーザー降りも

関東地方のお盆休みは、梅雨時のように傘が必要な日が多く、雨の降り方が強まる所もあるでしょう。局地的な激しい雨に注意が必要です。猛烈な暑さはありませんが、湿度が高く、ムシムシした日が多くなりそうです。

11日(金)山の日~12日(土)

きょう10日の夜から、あす11日(金)山の日の朝にかけて、まとまった雨雲が関東地方を西から東へ進むでしょう。11日(金)の日中は、いったん雨のやむ所もありますが、油断大敵。夕方以降は再び雨雲がわきはじめます。北部ではカミナリを伴って激しく降る所もあるでしょう。平野部も夜は雨の降る所が多く、山沿いを中心に局地的に雨雲が発達する見込みです。雨は、12日(土)の朝にかけて降る所が多く、日中も雨が残る可能性があります。東よりの湿った空気が流れ込むため、多摩や秩父など西側の山沿いを中心に雨雲がかかりやすいでしょう。湿気がたっぷりで、動くとべたつきそうです。

13日(日)~14日(月)

雲は多めながらも晴れ間が期待できそうです。ただ、にわか雨の所がありますので、屋外のレジャーは日差しがあっても、急な雨にお気をつけください。雨具を携帯し、雨宿りできる場所をあらかじめ確認しておきましょう。日差しはあっても、気温は35度を超えるような極端な暑さにはならない見込みです。最高気温は30度前後の予想で、ムシムシした暑さですので、風通しのよい服装を選び、うちわや扇子を持ち歩くとよいでましょう。こまめな水分補給も忘れずに。

15日(火)~16日(水)

西から低気圧や前線が近づき、雨の降る所が多いでしょう。まだ、少し先の予報ですので、雨の時間や強さなどは特定しにくいですが、局地的にザーッと雨の降り方が強まることも考えられます。行楽地や帰省先から車で自宅へ向かう方も多いと思いますが、雨の中での運転となる可能性がありますので、十分にお気をつけください。最高気温は今のところ30度に届かない所が多く、動くとムシっとするくらいでしょう。

お盆休みの天気(10日午後2時発表)


お盆休みの天気(10日午後2時発表)