「巨大地震と津波発生の翌日」を想定 名古屋市が図上訓練 職員ら約350人が参加

CBC


「巨大地震と津波の発生から2日目」を想定した図上訓練が26日、名古屋市役所で行われました。

CBC


(名古屋市 河村たかし市長)
「きょう(発生2日目)は特に正念場であり、市は引き続き全員一丸となって、市民の命を守ることに最善を尽くす」

CBC


訓練は遠州灘でマグニチュード9の地震が発生し、名古屋市内は最大震度7、津波の被害が発生した翌日の想定で行われました。

CBC


参加した市の職員ら約350人は、モニターで市内の被災状況を確認し、マニュアルに沿って被害情報を共有する方法や、災害時に使うシステムの操作手順などを確認しました。

CBC


名古屋市は今後も定期的に訓練を行い、非常時の対応力や関係機関との連携の強化に努めたいとしています。

ジャンルで探す