原爆投下の日、母が見た地獄…次世代へ言葉紡ぐ胎内被爆者 全国の学生ら英訳「世界の誰かの目に」

「私は、広島に原爆が落とされた二週間目に生まれました」。そう始まる手記がある。書いたのは、兵庫県芦屋...

ジャンルで探す