【B級フード研究家・野島慎一郎のバカレシピ】とんかつを揚げずにアップデート! デブまっしぐらのバカウマとんかつ「ピザポテトのザクザクとんかつもどき」

独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏


独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、衣はサクサクを通り越してバリバリでウマい「ピザポテトのザクザクとんかつもどき」!

【画像】「ピザポテトのザクザクとんかつもどき」のレシピ

* * *

【今回の食材】
・豚ロース(とんかつ用)1枚 ・ピザポテト 1/2袋 ・マヨネーズ 適量 ・粉末ソース 適量

野島 今日はとんかつの激ウマバカレシピを作るぞー。

助手 ウハッ! そのまま普通に食いたいような気もするけど、最高ッスね! いったいどんなアレンジをするんスか?

(1)焼く! 熱したフライパンに油を薄く引き、豚ロース肉を中火でしっかり焼き上げる。表面をなるべく焦がさないようにしながら、中にはしっかり火を通すのがおいしく仕上げるコツだ


(1)焼く! 熱したフライパンに油を薄く引き、豚ロース肉を中火でしっかり焼き上げる。表面をなるべく焦がさないようにしながら、中にはしっかり火を通すのがおいしく仕上げるコツだ

野島 ここにとんかつ用の豚ロース肉がありますよね。これをフライパンで焼いていきます。

助手 豚肉を焼くとか、それもう、とんかつじゃないじゃん! そうこう言ってる間にウマそうな豚ステーキが完成してるし。

(2)まぶす! (1)の両面にマヨネーズを塗って全体に広げたら、粉末ソースをマヨに付着させるようにまぶす。ソース味はとんかつらしさを感じる重要ポイント。たっぷりと使おう


(2)まぶす! (1)の両面にマヨネーズを塗って全体に広げたら、粉末ソースをマヨに付着させるようにまぶす。ソース味はとんかつらしさを感じる重要ポイント。たっぷりと使おう

野島 この両面にマヨネーズをたっぷりと塗り、さらに粉末ソースをまぶしていきますよ。

助手 おおっ、マヨが液体のりのような役割を果たすんスね。ちなみにこの粉末ソースは焼きそばについてるやつッスか?

野島 これはスーパーでバラ売りになっているやつを買いました。もちろん焼きそばに付属のでもOKですよ。

助手 あの粉、バラ売りしてるのかよ! で、現時点ではまだ全然とんかつっぽくないッスけど?

(3)ピザポテ! ピザポテトの袋の上から手でポテトを細かく砕き、(2)の上からたっぷりと振りかければ完成。袋が膨らんで砕きにくい場合は、砕く前に少しだけ袋を開けておくとやりやすい


(3)ピザポテ! ピザポテトの袋の上から手でポテトを細かく砕き、(2)の上からたっぷりと振りかければ完成。袋が膨らんで砕きにくい場合は、砕く前に少しだけ袋を開けておくとやりやすい

野島 ここで用意するのが、みんな大好きピザポテトと金属バット。袋の上からバットでガツンガツンと殴りつけ、袋の中のピザポテトを粉々に粉砕します。オラオラオラオラッー!!

助手 おい! ちょっと待て!!

野島 なんだ!? ピザポテトの代わりにおまえが殴られたいか!?

助手 んなわけねーだろ! 普通に手で砕けば済むじゃん! それ、あんたが金属バットを振り回したいだけだろ!

野島 最近は自粛自粛でストレスを抱えている人も多いだろうし、金属バットを使ったレシピで少しでもストレス発散のお手伝いができればと思ったんです。

助手 日本を修羅の国にでもする気か! で、粉々になったピザポテトをどうするんスか?

(4)激ウマ! (3)を食器に盛りつけたら、ステーキのようにナイフとフォークでひと口大にカットしてから食べよう。液体ソースは不要。ザクザク食感と濃厚ジャンクな味つけが抜群に激ウマ!


(4)激ウマ! (3)を食器に盛りつけたら、ステーキのようにナイフとフォークでひと口大にカットしてから食べよう。液体ソースは不要。ザクザク食感と濃厚ジャンクな味つけが抜群に激ウマ!

(5)完成!「ピザポテトのザクザクとんかつもどき」


(5)完成!「ピザポテトのザクザクとんかつもどき」

野島 これもたっぷり肉にまぶします。そしてナイフで肉を切ってかぶりつけば、食感が最強ザクザクでチーズ味が濃厚な、とんかつを超えたとんかつを味わえます。ほら、食べてみて!

助手 うおーっ!! 衣はサクサクを通り越してバリバリでウマいし、味はチーズマヨで濃厚になってるし、でもちゃんととんかつっぽさもあって、アホウメェッー!! これはマジで本物のとんかつを超えたッス!

野島 しかも油を使わないから、調理も片づけも簡単!

助手 最高すぎ! これが令和のニュースタンダードッスね!

野島 ピザポテト以外でも厚切りのポテチなら代用可能なので、味変を楽しむのもアリですよ。いろんなポテチを金属バットで殴って試してみましょう!

助手 だから金属バットはダメだって言ってるだろ!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。著書『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)。YouTube『のじまちゃんねる』

撮影/野島慎一郎

ジャンルで探す