平成最後の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、ボルボ・XC40に決定! 2年連続でボルボが戴冠の快挙

2018~19年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に輝いたXC40の前で、ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長(中央)を祝う選考委員の河口まなぶ(左)と小沢コージ(右)


2018~19年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に輝いたXC40の前で、ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長(中央)を祝う選考委員の河口まなぶ(左)と小沢コージ(右)

今年最強のクルマが決まった! 

自動車ジャーナリストなどで構成する「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会が、12月7日に東京都内で開かれた。

今年のイヤーカーはボルボの新型SUV「XC40」に決定。ボルボは昨年度の「XC60」に続いて2年連続の戴冠となり、海外の同一ブランドが続けて受賞するのは史上初の快挙となった。2位はトヨタのカローラスポーツで、3位は独VWのポロだった。

ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長は週プレの直撃に、

「昨年受賞しているので、2年連続の受賞はどうだろう、と思っていたが、受賞にふさわしいクルマであると確信はしていた。現在、XC40は2000名のお客様が納車待ちなので、今回の受賞を機に、本国と交渉して増産を勝ち取りたい」

と笑顔で答えた。

日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員で、本誌でも活躍する自動車ジャーナリストたちは、平成最後の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の結果をどう捉えているのか。

まず河口まなぶ氏が口火を切る。

「2年連続、海外ブランドが戴冠したということは、要するに国内ブランドに魅力的なクルマがないということです。もちろん、XC40はイヤーカーに相応しいSUVですが、日本のカー・オブ・ザ・イヤーなので、国内ブランドには奮起を促したいですね」

ちなみにイヤーカーを選出する選考委員は25点の持ち点を5台に配点、そのうちの1台にはかならず10点を、残る15点を4車に振り分けるルールとなっている。

XC40に10点を入れた藤島知子氏はこう話す。

「ボルボの最もコンパクトなSUVであるXC40にも、先進安全技術を全車に標準装備。洗練されたスタイリングとインテリア、操縦性に優れた快適な走りのレベルは圧倒的です。ボルボの勢いはしばらく続くと予想しています」

最後に小沢コージ氏が言う。

「大問題は今年の真の主役たるスズキ・ジムニーが新車の検査データ改ざん問題を受けて、早々に賞レースから辞退してしまったことだ。日本ならではのコンパクト本格クロカン4WDで出来も良く、販売も異例の大ヒット。ズバリ小沢は、ジムニーがあったら間違いなく10点を入れていたと思う」

スバルとスズキは出荷前の自動車の検査データ改ざんなどの不正を受け、選考対象になることを辞退している。

確かに現場では「ジムニーが辞退していなければ」という声をけっこう耳にした。来年は辞退がないことを願う!

■2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー得点表
1位:ボルボ XC40(363点)
2位:トヨタ・カローラ スポーツ(314点)
3位:フォルクスワーゲン・ポロ(197点)
4位:トヨタ・クラウン(170点)
5位:三菱 エクリプス クロス(156点)
6位:マツダ CX-8(111点)
7位:アルファ・ロメオ・ステルヴィオ(106点)
8位:BMW X2(47点)
9位:ホンダ・クラリティPHEV(36点)
※辞退 スバル フォレスター

ボルボは昨年度の「XC60」に続いて2年連続受賞。輸入車の受賞は「日本カー・オブ・ザ・イヤー2013-2014」のVWゴルフが最初で、通算3度目のこと


ボルボは昨年度の「XC60」に続いて2年連続受賞。輸入車の受賞は「日本カー・オブ・ザ・イヤー2013-2014」のVWゴルフが最初で、通算3度目のこと

取材・文/黒羽幸宏 撮影/本田雄士

ジャンルで探す