絵本「にじいろのさかな」原画展 神戸ファッション美術館

絵本「にじいろのさかな」原画展 神戸ファッション美術館

絵本「にじいろのさかな」原画展 神戸ファッション美術館 Copyright(C) 神戸新聞社 All Rights Reserved.

 スイス出身の世界的な絵本作家マーカス・フィスターさん(60)による人気絵本シリーズの原画を集めた「にじいろのさかな原画展」(神戸新聞社など主催)が、兵庫県神戸市東灘区の神戸ファッション美術館で開かれている。

 1992年に第1作が発表された「にじいろのさかな」シリーズは、世界各国で翻訳・刊行され、3千万部以上を売り上げた。虹色のうろこを持つ世界一美しい魚が、海で仲間と交流し、本当に大切なものを探し、成長する。絵本には、光るうろこを表現した特殊加工のフィルムが貼られ、幼児らの人気を集めた。

 会場には原画やスケッチなど約180点を出展。色のにじみなどを間近で確かめることができる。本来、原画に光るフィルムは用いていないが、絵本と同じ感覚を味わってもらおうと、貼り付け展示した。壁面や床にコンピューターグラフィックス(CG)映像を投影し、海中の世界を体感できるコーナーもある。

 同館の仲井雅史学芸部長は、「独り占めや仲間外れなど、幼い子らが体験するさまざまな問題や人間関係を、魚の世界を通して優しく、分かりやすく教えてくれる」と魅力をアピールしている。

 来年1月17日まで。原則月曜休館。千円ほか。同館TEL078・858・0050

(堀井正純)

ジャンルで探す