ポートタワー、階段で上るぞ 476段に息絶え絶え

手すりを持ちながらポートタワーの階段を上がる子どもら=神戸市中央区波止場町

手すりを持ちながらポートタワーの階段を上がる子どもら=神戸市中央区波止場町 Copyright(C) 2020 神戸新聞社 All Rights Reserved.

 神戸市中央区波止場町のポートタワーで21日、最上階の展望室(93メートル)まで上るイベント「チャレンジ476!!」が開かれた。非常階段476段に挑んだ参加者らは途中で息も絶え絶え。風通しのよい景色を楽しみながら、各自のペースで“頂上”を目指した。

 開業57周年を記念し、普段は立ち入り禁止の階段を開放。階段はタワー内部の鉄柱に沿ってらせん状に設置され、金網の外はメリケンパーク周辺や市街地一帯が見渡せる。

 ビル約25階分の階段に家族連れら約200人が挑戦した。吹きさらしの風を受け、「怖いよ」と手すりをつかみながら一歩ずつ踏みしめる子どもや、「結構長いな」「もうちょっとや」と声を掛け合いながら上る観光客もいた。達成するとスタッフから「チャレンジ476証明書」を受け取り、笑顔で写真に納まっていた。

 父親と参加した井吹東小3年の男児(9)はぐったりした父親を横目に「外の景色を見ながらだったので全然疲れなかった。前にエレベーターで上がった時よりきれいに見える」と涼しい顔だった。(小谷千穂)

ジャンルで探す