竹灯籠2020本、柔らかな光 夜の公園彩る 兵庫・新温泉

柔らかみのある光を放つ竹灯籠=新温泉町丹土

柔らかみのある光を放つ竹灯籠=新温泉町丹土 Copyright(C) 2020 神戸新聞社 All Rights Reserved.

 兵庫県立但馬牧場公園(同県新温泉町丹土)で、竹灯籠に明かりをともすイベント「夢竹灯籠」が開かれている。芝生広場やスキー場ゲレンデに約2020本の灯籠が並び、柔らかみのある光が夜の公園を幻想的に彩っている。18日まで。

 スキー場のオフシーズンなどの誘客を目的に湯村温泉観光協会が初めて企画。昨年度の暖冬を受け、県や同町が少雪対策として始めた補助金を活用した。

 竹灯籠は、放置竹林の問題解決に取り組む市民グループ「竹一族の陰謀」(京都府福知山市)が製作。高さ約30~50センチで、斜めに切ったり、複数の穴をくりぬいたりした2種類に、ろうそく形などの発光ダイオード(LED)電球を取り付けた。

 会場では灯籠を等間隔に置いたり、密集させたりして、川の流れやハート、星座などの形を表現。同協会の朝野泰昌会長は「温かみのある光を眺め、前向きで明るい気持ちになってもらえたら」と話している。

 点灯は午後5~9時。同協会TEL0796・92・2000

(末吉佳希)

ジャンルで探す