72件事務所荒らし1200万円被害 兵庫県警、男11人逮捕

兵庫県警察本部=神戸市中央区下山手通5

兵庫県警察本部=神戸市中央区下山手通5 Copyright(C) 2020 神戸新聞社 All Rights Reserved.

 兵庫県などで事務所荒らしを繰り返したとして、県警捜査3課と川西署などが、20~30代の男11人を窃盗容疑などで逮捕していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。派手に改造したバイクや車で集団走行するグループのメンバーが中心で、盗んだ現金を改造費用に充てたり、部品そのものを盗んだりしていた疑いがあるという。

 県警は兵庫や大阪、愛媛など7府県で事務所荒らしなど72件、計約1200万円の被害を裏付け、近く捜査を終える。

 逮捕されたのは伊丹市の無職の男(38)、大阪府池田市の防水工の男(22)ら。いずれも窃盗罪などで起訴され、県警は無職の男が指示役、防水工の男らが実行役だったとみている。

 捜査関係者によると、両被告らは阪神間のバイクチームのメンバーで、会員制交流サイト(SNS)で友人らを盗みに勧誘していた。夜間、盗んだナンバープレートを付けた軽乗用車で郊外の自動車販売店などに向かい、バールなどの工具で扉をこじ開けて侵入していたといい、現金のほかにバッテリーやハンドルを盗み、自分たちのバイクや車に付け替えるなどしていたと県警はみている。

 起訴状によると、無職の男は防水工の男ら2人と共謀し2018年2月、西宮市の事務所に侵入し、現金約35万円入りの金庫を盗んだとされる。

ジャンルで探す