応募不調だった兵庫・三田市の就職氷河期採用 締め切り前に急増、競争率427倍に

三田市役所

三田市役所 Copyright(C) 2019 神戸新聞社 All Rights Reserved.

 兵庫県三田市は8日、「就職氷河期世代」に限定した職員採用試験の募集を締め切り、応募者が427人(男性279人、女性148人)になったと発表した。採用予定は1人で、競争率は427倍。先陣を切って注目を集めた宝塚市の605倍には及ばなかったが、注目度の高さを示した。応募者は1週間前の29人から締め切りを前に急増した。

 市人事課によると、応募者は来年3月末で45~36歳になる高卒以上で、市内在住は77人、三田を除く兵庫県内は231人だった。県外在住は北海道から熊本までの119人に上った。

 10月21日に募集を始め、締め切り1週間前の11月1日には29人と低迷。6日に138人に増えた後、7日だけで129人、最終日の8日だけでも160人と急増した。

 市は今後、受け付けたエントリーシートで書類選考し、100~150人に絞り込む。12月8日に市役所で、1次の総合能力試験を実施する予定だ。

 同課は「民間を含めて全国的に就職氷河期世代の採用が広がる中、400人超に志望してもらった。厳しい時代を乗り越えた、いい人材を選考したい」としている。(高見雄樹)

ジャンルで探す