KOBE豚饅サミット11日開幕 多彩な中華まん集結

9回目を迎える「KOBE豚饅サミット」をPRする商店主ら=神戸市役所

9回目を迎える「KOBE豚饅サミット」をPRする商店主ら=神戸市役所 Copyright(C) 2019 神戸新聞社 All Rights Reserved.

 多彩なあんと皮の中華まんが集結する「KOBE豚饅サミット」が11~17日、神戸・南京町(神戸市中央区)などで開かれる。9回目の今年は三宮・元町かいわいの飲食店8店が豚まんから着想した限定メニューを提供する「サミットウイーク」を企画。メイン開催の16、17日には全国の15店・団体が個性豊かな限定商品を売り出す。(上杉順子)

 豚まん発祥の地・神戸をPRしようと「老祥記」「神戸元町四興樓」「三宮一貫楼」の老舗3店が発起人となり、地元商店主らによる実行委員会形式で2011年に開始。「11」が豚の鼻の形に見えることから11月11日を「豚饅の日」に定め、毎年、週末を挟んで11日前後に開く。

 今年は、10日夕に三宮センター街1丁目で前夜祭。豚まん1年分を賭けたクイズ大会や、PR役「KOBE豚饅娘」の最終審査を実施する。

 サミットウイークは11~17日、パン店や菓子店、イタリアンや中華レストランが、見た目や皮で包む調理が豚まんを連想させる限定メニューを自店で提供。栗のペーストを包んだスイーツ、カレー豚パン、ラビオリなどが楽しめる。

 16、17日は南京町広場、「曹家包子館」、大丸神戸店1階北側外廊の3会場で午前11時~午後5時、サミット限定のオリジナルまんが販売される。ビストロとコラボした老祥記はオリーブとベーコン、四興樓はバジルとチーズ、一貫楼はオマールエビのみそ入りを用意し、セット販売。他店には、みそサバやウナギのかば焼き、但馬牛を包んだ品もある。被災地支援にも取り組んでおり、熊本や仙台の店も出店する。いずれも1個100~300円台。

 今年は最終日が神戸マラソンと重なる。副委員長を務める老祥記の曹英生さんは「豚まんは前日に食べてパワーに、ゴール後のリカバリー(回復)にもいい。より多くの人にアピールしたい」と話した。

 詳細は公式ウェブサイトを参照。

ジャンルで探す