おいしい秋、見つけた 神戸の道路脇にギンナンの実

秋風に吹かれ、道路脇に落果したギンナン=神戸市中央区割塚通7 Copyright(C) 2019 神戸新聞社 All Rights Reserved.

 兵庫県南部は10日、高気圧に覆われ午前中から青空が広がった。朝の最低気温は神戸17・0度、姫路12・3度、洲本14・0度で、いずれも今季最低を記録。季節の移り変わりを感じさせる朝となった。

 神戸市中央区の阪急春日野道駅北側のイチョウ並木では、木々の根元にオレンジ色に熟した直径約2センチのギンナンの実が散らばり、秋の訪れを告げている。

 神戸地方気象台によると、県南部は10日いっぱいは晴れ間が広がる見通しだが、台風19号の接近に伴って次第に雲が広がり、11日夜からは雨が降る地域があるという。(辰巳直之)

ジャンルで探す