早くもコミカライズ決定!歌い手・そらる初小説『小説 嘘つき魔女と灰色の虹』

 2022年11月22日に発売された、そらる氏の初小説『小説 嘘つき魔女と灰色の虹』のコミカライズが早くも決定。4月発売の『ザ花とゆめドリーム』2023年6/1号(白泉社)より連載開始予定となっている。

 『小説 嘘つき魔女と灰色の虹』は、そらる氏が作詞作曲を手掛けたオリジナル楽曲「嘘つき魔女と灰色の虹」を題材に、そらる氏自らがノベライズしたファンタジー冒険譚。雑誌『ダ・ヴィンチ』(KADOKAWA)2020年8月号から2022年3月号まで、およそ1年半にわたり連載された。

 単行本の発売直後から各所で品切れが続出し、発売即重版。紀伊國屋書店 和書 文芸 ウィークリーランキング 1位(11月17日~11月23日のベストセラー)、Amazon 売れ筋ランキング 本 SF・ホラー・ファンタジー部門 1位(2022/11/22 調べ)にランクインするなど、大きな話題となっている。

 今回、コミカライズを担当するのは、『五本腕の魔法使い』(白泉社)の境井ラク氏。2023年4月26日頃発売の『ザ花とゆめドリーム』2023年6/1号(白泉社)より連載開始予定だ。

 “イロ”のない世界を舞台に紡がれる、機械技師の少年・ルーマと、魔法使いの少女・イリアの物語をぜひお楽しみください。

※Amazon 及びこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc. 又はその関連会社の商標です。

境井ラクさんからコメントが到着!

『小説 嘘つき魔女と灰色の虹』について

◆書誌情報
書名:『小説 嘘つき魔女と灰色の虹』
著者:そらる
発売:2022年11月22日(火)※電子書籍同日配信
定価:本体1500円+税
ISBN:9784046810731
発行:株式会社KADOKAWA 

◆あらすじ
「全てが同じに見える煤けた世界で、草花は、鳥は、虹は、ぼく自身は、本当はどんなイロをしているんだろう。魔女に会えたら、ぼくにも見ることができるのかな」

舞台は”イロ”を失った世界。色彩が見えるのは”魔法使い”だけ――。
ある日、鮮やかな世界に憧れを抱く少年・ルーマは、魔女が住むといわれている森へと向かう。
迷い込んだ森で出会ったのは、魔法使いの少女・イリア。
二人の出会いが“イロ”のない世界の運命を変えていく――。
ネット時代の物語を紡ぐ歌い手・そらるが、自らの楽曲を題材に描くファンタジー冒険譚。

ジャンルで探す