半グレの命ずるまま援デリ…当事者もなぜ売春したのか答えられない深刻な理由

生きづらさを抱えた子供たちに共通することは何か? ノンフィクション作家の石井光太氏は「言葉の脆弱さ」にその答えがあるという。未成年が犯した数々の事件取材を通して感じてきた、生きづらさと生きやすさの分岐点となる「国語力」について解説する。

生きづらさと生きやすさの分岐点

未成年殺害、特殊詐欺…両者の事件に共通すること

大勢の生きづらさを抱えた子供たちに会って感じるのが、彼らの「言葉の脆弱さ」です。

非行少年を例にとれば、わかりやすいでしょう。たとえば、2015年に川崎市の多摩川河川敷で起きた、17歳~18歳の少年3人による、中1男子生徒殺害事件。

加害少年たちは、そもそも殺意を持っていませんでした。にもかかわらず、ちょっとした勘違いから怒りを「ぶっ殺す」と表現したことで、仲間内で「じゃあ、殺せよ」「ああ殺すよ」「お前も殺せよ」という粗雑な言葉のやり取りがはじまり、ついにはカッターで43回以上も少年を切りつけて本当に殺害に至ってしまいました。

あるいは、東北で逮捕された特殊詐欺の受け子役の少女。彼女はSNSで見知らぬ男性からDMをもらい、「割のいいバイト」という言葉を鵜呑みにして、特殊詐欺に加担しました。

彼女は、なぜ怪しいアルバイトだと思わなかったのかという質問に「わからない」と答え、高額報酬を疑わなかった理由についても「そう言われから、そうだと思った」と答えています。

両者に共通するのは、言語によって自分の内面や事実を掘り下げ、適切な判断をする力の脆弱さです。言葉によって事実と向き合い、思考をしていないので、問題がどんどんこじれていってしまうのです。

みなさんも「英語で物事を考え、表現しなさい」と言われれば、思考やコミュニケーションの幅が狭められるでしょう。言葉が未熟であるということは、それと同じことなのです。

少年院など児童福祉の現場では、こうした少年の適切な言葉を取り戻すため、様々な取り組みが行われています。拙著『ルポ 誰が国語力を殺すのか』で書いた取り組みを中心に、子供の生きづらさと言葉の問題と、その回復について述べたいと思います。

感情コントロールが難しくなる理由

最近は、一般の子供でも、多くのことを「うざい」「やばい」「えぐい」という言葉で表します。こういう子供は、物事の理解力や判断力が弱く、コミュニケーションが粗雑になり、不必要な困難を抱える傾向にあります。

たとえば、同級生が自分のペンを間違えて使っていたとしましょう。この時に、「こいつ、うざっ」と言えば、相手とトラブルになりかねません。一方、「これ僕のだよ、間違えちゃった?」と言えば、問題が起こることはないでしょう。

子供が持っている言葉の量と質が、生きやすさにつながるのはそのためです。

多くの言葉を持って、自分の感情を細かく分析し、きちんとした表現ができれば、人間関係が円滑になります。逆にそうでなければ、人生を必要以上に困難なものにしてしまう。大きな事件が起きた時、加害者である少年が次のような言葉を発することがあります。

「死刑になりたかったから、殺人事件を起こした」

「ムカついたから殺った」

彼らに共通するのは言葉によって十分な思考ができていないため、短絡的な行動に及んでいることです。

子供たちの言葉の脆弱さは、どのようにして起こるのでしょう。

障害や疾患を除いて考えれば、家庭に子供たちから言葉を奪い去る原因があることが指摘されています。子供が年齢相応のボキャブラリーをつけるには、家庭でのコミュニケーションが欠かせません。親と触れ合い、絵本の読み聞かせをしてもらい、幼稚園や公園で他者との自由な遊びをすることで言葉の力を育んでいくのです。

しかし、最近は親が多忙だったり、スマホを見てばかりいたりして、子供と適切なコミュニケーションをしていないことがあります。幼児期のスマホ育児、ゲームの与えっぱなし、遊びの管理・規制などが一例でしょう。

虐待など、親の不適切な養育も言葉の発達を阻害します。

親が不条理な暴力をふるい、子供を支配すれば、子供は受け入れがたい現実から目を逸らすために、言葉で物事を考え、理解することを放棄します。そういう子は成長した後も、現実と向き合わず、その場の感情で動くようになります。

一つ例を挙げましょう。

なぜ言われるがままに売春したのか?

ある女子少年院に「援デリ(不良グループの管理下で行う不法な売春)」をしていた女の子がいました。彼女の話が次です。

――なぜ不良に言われるままに売春をしたの?

他にすることなかったから。

――男たち(不良)に金を払ったのはなぜ?

言われたから。

――売春は嫌だった?

そうだけど、他にすることないし……。

――後悔してる?

わかんない。

この女の子は、父親から激しい虐待を受け、精神的な支配下に置かれ、中学卒業後は家計を助けるためと称してスナックで強制的に働かされていました。彼女は幼い頃から言葉で現実と向き合い、考える機会を奪われてきたので、半グレから売春をしろと言われて、深く思慮しないまま受け入れてしまったのです。

こうした子供たちに言葉を与えるには何をするべきなのでしょう。

拙著ではいろんな事例を紹介していますが、その1つが少年院で使用されている「感情カード」です。

カードには「こまっている」「イヤ」「つらい」など人の気持ちを示す言葉と、その表情が描かれています。少年院の子供たちの多くは、自分の内面と向き合う経験に乏しいです。そのため、随所でこうしたカードを使用して、今の自分の感情が何なのかを理解させる練習をしているのです。

みなさんは、こんな初歩的なところからはじめなければならないのかと驚かれるかもしれませんが、それだけ彼らの言葉が脆弱であるということなのです。

さらに少年院を出た子供たちの受け入れ施設でも国語力を上げる取り組みがなされています。福岡県に「そんとく塾」という、少年院や少年刑務所を出た人たちの学びの場があります。ここでは元国語科の教師が、「言葉のバブル」という授業を行っています。

こうした子供たちに言葉を与えるには何をするべきなのでしょう。

拙著ではいろんな事例を紹介していますが、その1つが少年院で使用されている「感情カード」です。

カードには「こまっている」「イヤ」「つらい」など人の気持ちを示す言葉と、その表情が描かれています。少年院の子供たちの多くは、自分の内面と向き合う経験に乏しいです。そのため、随所でこうしたカードを使用して、今の自分の感情が何なのかを理解させる練習をしているのです。

みなさんは、こんな初歩的なところからはじめなければならないのかと驚かれるかもしれませんが、それだけ彼らの言葉が脆弱であるということなのです。

さらに少年院を出た子供たちの受け入れ施設でも国語力を上げる取り組みがなされています。福岡県に「そんとく塾」という、少年院や少年刑務所を出た人たちの学びの場があります。ここでは元国語科の教師が、「言葉のバブル」という授業を行っています。

生きやすい人生は「国語力」でつくられる

授業では、喜怒哀楽のそれぞれ4つを示す言葉が書かれたプリントを用います。

「怒」であれば、「むくれる」「いまいましい」「はらわたが煮えくり返る」といった言葉が書かれています。同じ「怒」を表現する言葉でも、それぞれ度合はまったくちがいますよね。

【喜び】の「言葉のバブル」

【悲しみ】の「言葉のバブル」

【怒り】の「言葉のバブル」

プリントには大小の「〇」があり、大きな怒りを示す言葉なら大きな〇に、小さな怒りを示す言葉なら小さな〇に書かせます。そして、子供たちに感情には様々なグラデーションがあることを教え、次のように教えるのです。

「君たちは怒りを何でもかんでも『殺す』といった言葉でまとめてこなかったかな? 怒りが『いまいましい』なのに『殺す』と言ったりすれば、感情と行動が違うものになってしまうよね。感情を細かくわけるというのは、それに合った行動をとれるようになるってことなんだ。これが感情をコントロールすることだと覚えてほしい」

こうして初めて子供たちは多様な言葉を身につけ、感情をグラデーション化させ、それに合った行動を取ることが、生きやすさにつながるのだと気がつくのです。

これは一般の子供にも応用できることでしょう。中高年層も同様です。自分の感情を細かな言葉で把握し、それに適した行動をとる。それが物事を円滑に進めていくのに必要なことなのです。

文部科学省は、こうした生きるために必要な言葉の力を「国語力」と呼んでいます。

その国語力をどう育んでいくのか。全国で行われている多種多様な取り組みについては拙著を読んでいただきたいと思います。

言葉は生きる上ですべての基礎となる力です。家庭格差があまりに大きくなった今、それは意識して手に入れようとしなければ、なかなか身につかない能力となっています。そして、それが生きづらさと生きやすさの分岐点になります。

すべての人々が生きやすい人生を手に入れるために、国語力再生の取り組みに目を向ける必要があるのです。

取材・文/石井光太

ジャンルで探す