夏フェス! クライマックスの熱狂ライブにぶち上がる音楽映画5選

大音量で音楽を浴びる音楽フェスは、夏の楽しみのひとつ。すでにフェスに行った人も、行けなかった人も必見。これを見れば絶対に楽しめる、音楽映画の名作を一挙紹介する。

音楽は映画でも十分に楽しめる!

夏といえば、音楽ファンには、なんといってもフェス! ここ2年、コロナ禍によって中止や規模縮小を余儀なくされてきたが、今年は海外アーティストも来日して参加する開催形式が復活。洋楽好きとしては、これはホントにうれしい。

もちろん、パンデミックはまだ予断を許さない状況にあるし、音楽は好きだけれど、フェスのような密の場に行くのは、ちょっと……という方もいるだろう。そこでここでは、映画でコンサートを楽しめる作品を紹介。とりわけ、クライマックスのライブ・シーンでグッとくる映画をチョイスした。物語ともども、そのアツさを体感しよう!

今年の音楽映画の傑作といえばこれ

©2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

『エルヴィス』(2022) Elvis 上映時間:2時間39分/アメリカ

まずは元祖ロックスターであるエルヴィス・プレスリーの伝記ドラマ。本作では、ゴスペルによってブラック・ミュージックに目覚め、ロックンロールの才能を開花させたエルヴィスの波乱の生涯を、悪名高きマネージャー、トム大佐との葛藤を軸にして描いている。

劇中にはいくつか印象的なコンサート・シーンがある。無名時代の若きエルヴィスが、1950年代には斬新……というか煽情的すぎた、足腰をくねらせて歌い、ギターを弾くパワフルかつセクシーなパフォーマンスからして圧倒的。ラスヴェガスのホテルでの初演、エルヴィスが自身でプロデュースした渾身のライブも素晴らしい。そして何より、クラマックスでフィーチャーされる、名曲『アンチェインド・メロディ』の晩年の熱唱は圧巻! 生きることに疲れ果て、なお歌い続ける、そのボーカルの切なさを感じ取ってほしい。

ロックの歌姫からインスパイアされた切ない名作

Everett Collection/アフロ

『ローズ』(1979)The Rose 上映時間:2時間14分/アメリカ

切ないといえば、本作も同様のロックンロール・ストーリー。物語自体はフィクションだが、1970年に27歳の若さで世を去った人気女性ブルースロック・シンガー、ジャニス・ジョプリンの生きざまからヒントを得ている。ベトナム戦争期、若者たちの間でカリスマ的に支持される女性シンガー、ローズは過密スケジュールによって神経をすり減らし、アルコールとドラッグに溺れていく。愛する者も去り、孤独を深め、精神的にも消耗していく彼女の運命は?

身も心もポロポロになり、とてもステージをこなせる状態ではないローズが、大観衆を前にして歌うクライマックス。『ステイ・ウィズ・ミー』は、「そばにいて」という歌詞の切実さはもちろん、振り絞るようなボーカルが胸に迫る。主演を務めた歌手兼女優のベット・ミドラーは本作の演技でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

社会現象を巻き起こしたロック・ムービー

Collection Christophel/アフロ

『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)Bohemian Rhapsody 上映時間:2時間15分/アメリカ

近年、これほど愛されたロック・ムービーはあっただろうか? 1970~80年代に一世を風靡したイギリスのロックバンド、クィーンのボーカリストである故フレディ・マーキュリーの伝記ドラマ。サクセスストーリーが描かれる一方で、バイセクシャルであることに悩み、孤独を埋めるように享楽的になっていくフレディは、他のバンドメンバーとの溝を深めてしまい……。

バンドの和解の象徴として本作に据えられたのはクライマックスのライブシーン。1985年7月、今や伝説となった世界的チャリティイベント、ライブ・エイドでのステージ・パフォーマンスだ。ロンドンのウェンブリー・アリーナで満員のオーディエンスを前に繰り広げられる、名曲『ボヘミアン・ラプソディ』から始まったステージの模様は、鳥肌まちがいなしの盛り上がり。映画はこのときの模様を完全にコピーして再現しているが、実際の記録映像と見比べても、その興奮度は見劣りがしない。

サントラ盤が世界中で大ヒットを記録

PictureLux/アフロ

『プリンス/パープル・レイン』(1984)Purple Rain 上映時間:1時間51分/アメリカ

ロックとブラック・ミュージックをクロスオーバーして、1980年代に音楽シーンの頂点に立った孤高のカリスマ、故プリンスの初主演映画。ミネアポリスで人気を博すバンドのフロントマン、キッドの栄光と挫折、復活までの道のりをドラマチックに描いた青春ドラマだ。プリンスと彼のバンド、ザ・レヴォリューションによるサントラ盤は世界中で大ヒットを記録した。

本作のクライマックスもコンサート場面が主体。すべての苦痛を乗り越え、仲違いしていたメンバーたちと和解をするかのように奏でられるロッカバラード『パープル・レイン』は、ブリンスの熱唱はもちろん、狂おしい音色を奏でるギターソロも迫力満点で、ひたすらエモい。立て続けにプレイされる『ダイ・フォー・ユー~ベイビー・アイム・ア・スター』は一転してファンキーなロックンロール。熱狂を引き起こす、この流れだけでもプリンスの非凡な才能がうかがい知れるはずだ。

巨匠監督が手がけたドキュメンタリー

Photofest/アフロ

『ボブ・ディラン/ノー・ディレクション・ホーム』(2005)No Direction Home: Bob Dylan 上映時間:3時間21分/アメリカ

音楽ドキュメンタリーに傑作は多いが、最後は鬼才マーティン・スコセッシによる本作について触れておきたい。ボブ・ディランは60年にわたり第一線で活躍を続けている、言わずと知れたレジェンド的アーティスト。アコースティックギター1本で硬派なフォークミュージックを放ち、脚光を浴びた彼は1965年、アコギをエレキギターに持ち替えて、バンドを編成して新境地を切り開こうとする。ところが、これにファン猛反発。フォークを捨てるなんて、とんでもない! そして迎えた1966年の英国ツアーは、歓声とブーイングに包まれる。

本作がスポットを当てるのは、この時期のディラン。ファンは口々に「落胆した」と語るが、当のディランは我が道を歩き続ける。映画のラストは1966年、マンチェスターでの公演。「裏切者!」という観客の罵声に対し、「信じられないね。あんたは嘘つきだ」といなし、『ライク・ア・ローリング・ストーン』の鬼気迫る演奏に突入。己を曲げないアーティストの真髄が、ここにある。

文/相馬学

ジャンルで探す