新型コロナ 10都府県に緊急事態宣言

「背筋ピン」の姿勢は首に負担大 「王様座り」で血流スムーズに

背筋を伸ばした姿勢は体に負担がかかっていた?(写真/GettyImages)

 背筋をピンと伸ばした“気をつけ”の姿勢こそが、「正しい姿勢」であると思っている人も多いだろう。しかし、必ずしもそうではないという。パーソナルトレーナーとして水泳や陸上競技など幅広くスポーツ選手の指導を行ってきた「うごきのクリニック」代表・後藤淳一さんはこう話す。

【イラスト図解】ゆりやかな猫背の作り方、「王様座り」の方法

「胸を張って背筋を伸ばした“気をつけ”の姿勢は、見た目は確かに美しいのですが、実は、体に大きな負担をかけています。というのも、胸を張ろうと意識して反り腰になり、腰やひざなどを痛めてしまう人が多いのです。腹筋も常に伸びたままになってしまい、そのため、内臓も無理に引っ張り上げられた状態になってしまいます」

 心身の不調の原因の多くが頸部の筋肉にあることを突き止め、年間1000人以上が治療を求めて来院する東京脳神経センター副所長で脳神経外科医の北條俊太郎さんは、背筋をピンと伸ばして座った姿勢は首の筋肉に負担をかけるため、悪い姿勢だと話す。

「いすの背もたれにもたれかからずに浅く腰かけ、背筋を伸ばして座るのは、一見、正しい姿勢に見えますが、体に負担がかかり、30分保つのもつらいはずです」(北條さん・以下同)

 背もたれを使わないと、大きなボウリングの玉と同程度の6kg近くある頭の重さを首と肩で支えなければならない。そのうえ、長時間、背筋を伸ばし続ければ、立っているとき同様に筋肉を固まらせてしまう。

「特に体の中でも群を抜いて細い部位である首への負担はかなりのものがあります。首こりは緊張性頭痛を引き起こすほか、自律神経に悪影響を及ぼし、消化器機能や瞳孔機能の異常を起こしたり、うつ状態を引き起こすこともある。姿勢ひとつで全身に影響が及ぶのです」

 それでは、どんな座り方であれば体にとって“いい姿勢”なのか。

「最初に、上半身を脱力して背もたれに背中をつけること。それによって背中が多少丸くなってもかまいません。しっかり背中を支えることができたら、次のステップとして視線を水平にすることで、首を垂直にしましょう。自然に真っ直ぐ前を見たときの視線が水平であれば、首は正しい位置に来ています」

 首が前に傾いたり、逆に後ろに反ったりしてしまうと、重量のある頭を支える際に、大きな負担が首と肩にかかる。また、できればパソコン画面や書類との距離を自在に変えられるキャスターつきのいすを使うことで正しい姿勢を崩さず前後に動ける。

「パソコン作業をしたり、本や書類を読んだりする際も、その姿勢をキープすることを意識してください。特に首を強く前傾させないことは重要なポイントです。視線だけを下方に動かして伏し目がちに作業すれば、首こりになるのを避けられます」

 また、一見だらしないと思われるような姿勢が、病気を遠ざけるケースもある。

 東京女子医科大学で高血圧・内分泌内科教授を務める市原淳弘さんは血圧を下げる座り方として後ろにふんぞり返った「王様座り」を推奨する。

「スマホやパソコンを長時間使用する生活には、高血圧リスクが潜んでいます。首の延髄には『血圧調節中枢』があり、画面を見てうつむいて過ごす時間が長くなると、その部分への血液の循環が悪くなる。すると血圧調節中枢の働きが鈍くなり、体が危険を感じて血圧を上げようと作用してしまう。それを解消してくれるのが王様座りです」(市原さん)

 この姿勢は1日に数回、短時間行うことで効果を発揮する。

「テレワークなどで長時間座っているときに、1時間に1度、5分ほどいすに浅く腰かけ、王様のようにふんぞり返って座る時間を作ってください。この姿勢を作ることで血流がスムーズになり、下半身の静脈血が心臓に戻りやすくなったり、筋肉の緊張が解けて緊張を司る交感神経への刺激が軽減したりする。浅くなった呼吸も改善され、血圧が上がりにくい体になります」(市原さん)

 まずは体の力を抜くところから始めたい。

イラスト/あべゆきこ

※女性セブン2021年3月4日号

ジャンルで探す