高齢者の歯 抜けて舌が動かしにくくなり、誤嚥の原因にも

入れ歯は外して専用ブラシでぬるぬるがなくなるまで洗浄

「8020運動」という言葉をご存知だろうか? これは「80才で20本以上自分の歯を保とう」というもの。ものを食べなければ生きていけない人間にとって、歯は欠かせない。高齢になったなら、なおいっそうその重要性に気づく機会も増えるはず。歯が抜けてしまうことのデメリットは大きいのだ。ふれあい歯科ごとう代表の五島朋幸さんに聞いた。

【図解】入れ歯:保険適用が可能、インプラント:自分の歯の感覚に近いがリスクあり等、歯を失った際の手段とメリット

「かたいものが噛めなくなるのは想像がつくと思いますが、それは二の次。舌を動かしづらくなるのが問題です。食べ物を咀嚼して飲み込むためには、実は舌が重要な役割をしています。多くの歯がなくなって空間が狭くなったり、1本抜けて歯間の均衡が崩れたりすると、舌はうまく動かせません。たとえやわらかい食べ物でも、舌がしっかり働かないとうまく噛んだり飲み込んだりできない。誤嚥の原因にもなります」(五島さん・以下同)

 舌は歯が揃って並ぶ空間に納まった状態で力を発揮する。歯が抜けてしまったら、正常に噛むためと、舌が動ける環境を維持するためにも義歯を入れることが必要なのだ。選択肢は3つ。

【1】入れ歯
 総入れ歯と、残っている歯に金具などで固定する部分入れ歯。口腔環境にあまり影響を与えないが、異物感を感じやすい。着脱して使うので洗浄がしやすい。

【2】ブリッジ
 失った歯の両サイドなどの歯を削って土台にし、人工歯をかぶせてつなげる。基本、装着したままで、自分の歯に近い感じ。健康な歯を削る必要があり、土台の歯への負担も大きい。

【3】インプラント
 歯が抜けた部分の顎骨に外科手術で人工歯根を埋め込み、人工歯を取り付ける。歯周病や骨粗しょう症の場合はできない。

「高齢者の場合、入れ歯かブリッジからの選択になることが多いです。残っている歯が多ければブリッジでもよいのですが、将来、要介護で口腔ケアを人に頼むことを想定すると、外せる入れ歯は介護者にとってかなり楽。義歯も自分の歯と同じように洗浄が欠かせませんから、メンテナンスのことまで考えて選択しましょう」

 義歯(入れ歯)は少なからず異物感があり、慣れて使いこなせるかどうかは個人差も大きい。認知症があると型取りなど入れ歯を作るプロセスから困難な場合もあるという。

「入れ歯は作った後も、本人の変化に応じて調整をしていきます。年を重ねればどうしても歯の状態や口腔環境は衰えていきますが、できるだけ普通の食事をしていたときに作った入れ歯を調整しながら使うのがいい。機能が衰えてから作ると、衰えた状態が基本になってしまうからです。認知症のある人も以前から入れていたものは使い続けられる可能性が高い。早めに抜いて入れ歯になじんでおくというのも得策です」

 ただ、いまの80代以上は、“悪い歯はすぐに抜く”という時代を生き抜いてきた世代。40代で総入れ歯になった人もいた中で、いまも自分の歯を保っているなら、ダメになるまで大事に使い続けるのも間違いではないと五島さん。

「抜けてしまっても、どうしても入れ歯になじめない人もいて、舌や歯茎でつぶせるものでしのいでいます。でも無理はしない程度に、入れ歯を諦めないようすすめています。最後まで食べて元気に過ごすことが目標です」

※女性セブン2020年9月24日・10月1日号

ジャンルで探す